愛してくれたらいい

・作

颯(はやて)と湊(みなと)は兄弟で、周囲が認めるほどとても仲が良かった。仲の良さは愛し合うほどだったが、それは二人だけの秘密。愛し合った二人だが、颯が結婚することになった。結婚し家を出ていく最後の夜、湊は颯の部屋を訪れた。

「ぼく、はやてと結婚する」

「おれもみなととずっと一緒にいたい」

「絶対結婚しようね」

「うん結婚しよう」

子供の頃、そう言い合う兄弟を周囲は幼さ故の冗談と思っていた。

いくら本気だとしても子供によくあることだと。

まさか二人とも本気で、ずっと気持ちが変わらなかったとは誰も知ることはない。

*****

颯が結婚することになった。

結婚相手は自社の社長令嬢で、断ってしまったら会社での立場が失われ、退職するしかないから結婚するのだと湊は思いたかった。

仲睦まじい姿を目にするまでは。

挨拶に自宅を訪れた結婚相手は、さすが社長令嬢というべきか、気品があり綺麗な女性でイケメンの颯とお似合いだった。

娘も欲しかった、この家唯一の女性である母とはすぐに打ち解けていた。

付き合っている人がいると聞いていたが、実際目にするとショックだった。

リビングで並んで座る二人をまともに見れなかった。

結婚相手がいるのに自分を抱いていたのか。愛してると、どんな気持ちで言っていたんだ。

とんとん拍子で結婚式の日取りが決まった。

結婚したら颯は家を出てアパート暮らしだ。

結婚式の数日前の今日は颯がこの家で過ごす最後の日。

リビングでは両親と颯と結婚相手が盛り上がっている。

それを尻目に湊はそっと抜け出し、自室に戻りベッドに横になった。

祝福の言葉が浮かばなかった。まだおめでとうの言葉を言えていない。

両親は仲が良いから、寂しくて言い出せないとでも思っていそうだ。

確かに寂しい。毎日顔を合わせていたから当然だ。

二度と会えなくなるわけじゃないのだから、大袈裟だと笑われてしまうのだろうか。

盛り上がっているのだろう、下の階の声が聞こえてくる。

床が薄いからではないが、声が大きいと漏れ聞こえてくるのだ。

遮断したくて両耳を塞ぐ。

そういえば彼女の名前はなんと言ってたっけ。

義姉になるのに聞いていなかった。いや名前を耳にしたはずが、拒絶から記憶しなかったのだ。

湊は受け入れられない現実に眼も閉じた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3827Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2523Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1995Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1907Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1703Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1208Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音973Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音628Views

最近のコメント