嫌われても俺は

・作

刑事の悟とヤクザの舎弟をしている竜也。悟と竜也の関係が組で噂され始めるのと同時に、竜也の組の麻薬摘発に悟の部署が動くことになった。竜也と自分を完全に引き裂くため、悟は愛する竜也に最悪な別れを演出する。

俺は、もともと女には興味がない。鬱陶しいと感じるくらいだ。男といるほうが楽だといつの時期からか気づいてしまったのだ。

同期のやつからいわせると、俺は天然の人たらしらしい。そのため、男女問わずお誘いが絶えないのだ。俺もそれは自覚している。

いま付き合っているのも男だ。女とも付き合ったこともあるけれど、やはりめんどくさい。それに俺には、どうしても忘れられないやつがいたのだ。

佐藤竜也(さとうりゅうや)。俺の幼馴染みであり、中学までの同級生なのだ。しかも、とある組の舎弟に入ったとも聞いている。俺の初恋の相手だ。

その組は、今回の麻薬取引と関係があるらしい。もし、俺と竜也の関係が知られたら、俺は解雇だけで済むだろうが、竜也は命が危なくなる。

俺の部署は、ある組の麻薬取引の状況を探っていた。今回、麻薬取引の摘発に有力な情報が耳に入ったため、最終確認のため動向を探っているのだ。

俺のほうには、まだ竜也のことは知られていないが、竜也のほうには組の内情を探るために「警察と関係のある女」が潜入しているという情報が入ってきているみたいだった。

俺と竜也との関係が組にばれるのも時間の問題になってきたのだ。

――悟(さとる)…俺、悟にもう少し早く出会っていれば…

以前、竜也が放ったつぶやき…。あれは、なにを伝えたかったのだろうか。

「九条(くじょう)君、君も摘発に同行するように。問題ないだろう」

上司に、声を掛けられ現実に戻される。摘発に向けての最終確認をしているのに、いろいろなことが頭を駆け巡り注意力が散漫していた。

「はい。大丈夫です」

「明日の夜20時、忘れるなよ」

取引の時間を確認され、上司は会議室をあとにした。それまでに決着をつけないといけない。

俺は竜也にある告白をするためにSNSで呼び出した。

『きょう会えないか。ノブレスホテルの2057号室で待っている』

3分後、メッセージが帰ってきた。

『どうしたんだいきなり。わかった。22時くらいでいいか?』

『分かった。いいワインを用意して待ってる』

俺は、ホットコーヒーを一口飲み、返事をして仕事に戻った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3633Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント