ハタチノヒノヨルキミト…

・作

タイチとトモキは中学時代の同級生だった。中学時代は、仲のよいグループが同じだったが、2人で話すことはほとんどなかった。その理由はトモキが自分を嫌っているからだとタイチは思っていた。成人式の夜、酔い潰れたタイチはトモキに車で送られることになった。その車内で、2人の関係は急展開をむかえる…―!

1月の第2月曜日、1軒のカラオケ店の1室は大きなにぎわいを見せていた。室内では、パリッとしたスーツやはかま姿の男性が十数人、マイクとグラスを回しあい、渡しあい、歌と会話に花が咲いていた。

今日は成人式だった。午前で式典が終わり、久々に顔をあわせた旧友との再会を祝い、予定の合ったメンツでカラオケ店へと移動してきたのだ。その中の1人、カワイタイチも、今日のために袴姿でキメていた。

タイチが生まれ育った町は人口も少なく、中学校も3クラスしかなかったため、ほぼ皆顔見知りだ。もちろん、その中でも合う合わないがあるけれど、このカラオケ店に集まったメンツは皆、タイチにとって仲のよい人間ばかりだ。

ただ1人を除いては…。

「タイチ!顔赤くね?大丈夫か?」

タイチと同じく袴姿の男が肩を小突いて聞いてくる。中学3年間、同じクラスでタイチとよくつるんでいた男だ。高校が離れてからはほとんど遊ばなくなったけれど、久しぶりに会ってもすぐに昔みたいに絡める、気心の知れた相手だ。

「あー…うん。皆の勢いに乗せられて結構飲んだかも。あんまりオレ、酒強くないんだよね」

「そうなん?俺、二十歳になった瞬間からサークルの飲み会で毎週のように飲まされて酒強くなったわ」

「昔は炭酸とコンビニの唐揚げばっか食ってたのにな」

「アハハっ今でもコンビニの唐揚げは好きだわー。やーでも、こうやって久々に皆で集まれんの楽しいよな。シミズまで来てくれたし」

男が言う、シミズという名前に、タイチはピクっと眉を動かした。視線を移した先、スーツ姿がよく似合う、シミズトモキがいた。

「あー…うん。そうね」

誤魔化すみたいに言って、タイチはジョッキに半分ほど残っていたビールをグイグイと飲んだ。喉を通っていくアルコールがビリビリとしみた。

タイチがよくつるんでいたグループ、そのなかにトモキもいた。陸上部のエースで成績も優秀だったトモキは男女問わず人気者で、誰にでもわけへだてなく、いわゆる優等生だった。ただ、タイチはトモキが苦手だった。いや、最初はそれなりに仲よくしていた。けれど、いつからだろうか、トモキの態度がやけにそっけなく感じるようになったのだ。それもタイチだけに。

例えば皆で談笑していても、トモキがタイチに会話を振るようなことは一切なかったし、たまに偶然、目が合ったときはワザとらしいぐらいにパッと視線を逸らされた。そこにタイチはいるのに、まるでトモキの中では存在しないかのような、そんな態度をずっととられていたのだ。

元々2人で遊ぶ仲でもなかったので、トモキの態度をそこまでタイチも気にはしてなかった。ただ、嫌われているのだろうと認識して、タイチ自身も同じグループ内にいてもトモキと話すことは極力避けるようにしていた。そのまま卒業までトモキとは打ち解けることなくすぎていったのだ。

成人式で再会しても、やはり軽く挨拶をした程度で、お互いにそれ以上は会話をしていない。今もトモキはタイチとは対角線上の位置で、ワイワイと盛り上がっている。

「オレ、アイツになにかしたのかな」

ボソリ、とタイチは呟いた。タイチ自身はトモキを嫌う要素がなかったため、自分のなにがそんなにトモキのお気に召さなかったのか、久々に彼の顔を見ると気になってくるのだ。だからといってこの楽しい場をブチ壊すような真似はしたくないから、本人に聞くわけでもないけれど、自分のことを嫌っている人間がいる場というのは、あまり居心地はよくない。

気にしない風を装いながら、実のところトモキの気配をバリバリに意識してしまっていた。それを紛らわせるために、また、タイチは強くもない酒に手を伸ばすのだった。

*****

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

ハタチノヒノヨルキミト…のレビュー一覧

  • ハタチノヒノヨルキミト

    モダモダする
    みやび先生の影あるとこも、世知辛いとこも、青いとこも、好きです

    1

    コロコロ さん 2021年4月7日

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ 同級生 エロエロ 年の差 ちょいエロ 年下攻め 胸キュン ゲイ リーマン スーツ シリアス 社会人 職業もの ドS 健気受け かなりえろい 誘い受け ツンデレ ヤンデレ 年上受け 調教 幼馴染み 学園 エロすぎ注意

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音6062Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3982Views

  3. 肉体系体育教師はセラピストの強制女性化プレイに夢中!

    雷音2565Views

  4. 捕虜の戦士は魔道師に調教される

    梅雨紫2521Views

  5. 人見知り男、唇性感帯ヤンキーを拾う

    雷音2221Views

  6. それはお前だけじゃない

    赤茄子2173Views

  7. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ1794Views

  8. 恋の終わりは陽だまりの匂い

    ひとえ1792Views

  9. 調教カクテル

    アンノアンズ1779Views

  10. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1754Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • 妃くるみ (21)
  • みやび (21)
  • あめ (18)
  • 雲之シタ (17)
  • 乙倫 (16)
  • RIKUNA (16)
  • つきの (12)
  • 空野さかな (9)
  • 如月よだか (9)
  • アオイ (9)
  • Kiyoka (8)
  • 塩チーズ (7)
  • よし乃 (7)
  • 雷音 (7)
  • さゆら (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • 結城愛來 (6)
  • じん (6)
  • ささくれ (6)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ひとえ (5)
  • 桜花 (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 鬼灯 (4)
  • pou (4)
  • 風間 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • 井野 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • izumi (2)
  • 田中のぞみ (1)
  • 菜月あかり (1)
  • マロ (1)
  • 葉山りん (1)
  • ai (1)
  • 匿名K (1)
  • 平野るな (1)
  • nola (1)
  • 赤茄子 (1)
  • 天乃リン (1)
  • ミタカ (1)
  • 須田 (1)
  • 翠蘭 (1)
  • くらげ (1)
  • 青山サキ (1)
  • monimoni (1)
  • 青鷺文庫 (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • ゆゆんぽ (1)