俺が『オメガ』になった理由 (Page 2)

 慧斗と番になり、はらむくらい中に出され、それでもやめてもらえない。

 いつになったらこんなこと終わるのだろう。

 いつになったら慧斗の自我が戻ってくれるのだろう。

「けぇ…と…」

「んー…んっ」

 ──じゅるぅ…ッ。

「ひぁあああああっ! ああっ、あああんっ!」

 反対の乳首も勢いよく吸われ、また新たに快楽がやってくる。

 どこが絶頂かもわからないくらい、ずっと気持ちよくて止めてもらえない。

「なぁちゃん」

「んっ、な、なに…あっ!」

 ドサッと背中からベッドに倒れ、慧斗の手が俺の手へと絡んだ。

 間近で見下ろしてくる慧斗は、舌を伸ばして俺の唇を舌先でなぞった。

「ん…っ」

「なぁちゃん、お口『あーん』は?」

 唇をなぞられてるだけなのに気持ちよくて、俺はぎゅっと目をつむりながらゆっくりと口を開ける。

 だけど口が開きかけた瞬間に慧斗の舌が割り込んできた。

「んんっ!」

 くちゅくちゅと唾液を絡ませたお互いの舌が絡み合い、流れ込んでくる唾液を飲み込む。

 むせてせき込んでも、酸素が欲しくても慧斗は口を離してくれない。

 手首を押さえられ抵抗もできず、中はまだつながり足に自由もない。

 そのとき嫌な予感がした。

 お腹の中にいた慧斗の肉棒がゆっくりと抜けていく。

 このまま抜いてくれればいい。

 だけど俺の頭には『勢いよく突かれる』という恐怖があった。

「ッんんんんー!」

 それは嫌だ。

 怖い、怖い、怖い。

 お願いだからやめてほしい。

 キスを絡ませ、どんなに声や目で訴えても慧斗はまぶたを閉じたまま。

 開眼されるのと同時に、嫌な予感は現実となった。

 ──バッチュンッ…

 それは勢いよく、ためらいなく襲ってくる。

「ッ……!」

 体液が飛沫をあげたのさえ感じた。

 目がチカチカとし、呼吸さえできずに意識が遠のく。

「…なぁちゃん、これが最後だから頑張ろうね」

「ふぅ…んっあっ、あっ、ああっ」

「ふふっ…、もう聞こえてないねぇ」

「あっ、きもち、きもちぃ…あんっ、あっ」

「喘ぎっぱなしのなぁちゃん可愛い」

 そうして俺は自我を手放した。

 慧斗の顔すら見えず、まともな思考回路も途絶え、俺は快楽に溺れた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3123Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2221Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2013Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1565Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1015Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん599Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント