初めてはチョコ菓子とともに (Page 3)

「ひゃっ…!!んぁっっつ!!ふっっんっ!!」

「陸人、どんどん膨らんできてるよ?気持ちいんだな?」

「んはっ…わから…にゃいっ…」

男根と脇腹から電撃のように快感が走る。なにかにしがみつきたくて、目の前にいる孝義にぎゅっと抱き着いた。

「…そんなに可愛いことするなよ…我慢できなくなるだろ…」

耳元で孝義が少し低い声でささやく。そのささやきさえ心地いい刺激でぞくぞくっと感じてしまう。

「んふっっ…たかっ…よしっ…」

孝義は、俺の男根の刺激を徐々に強くする。

「んあっ…!!ふぁっ…!!孝義っ…!!もうだめっっっ!!」

俺は、情けない声とともに孝義の手の中で果てた。疲れて孝義の体に体を預けると、孝義は、ゆっくりと俺をソファに寝かせた。

「今度は俺の番ね?」

にっこりと俺に笑顔を見せると、孝義はどこからか持ってきていたローションを俺の蜜穴に塗り込んできた。

「ひゃっっ!!冷たい!」

「医療用だからな~ほら、エコー見るときに使うやつ」

「お前…なんで持ってるんだ?」

「くすねてきた」

…本当にちゃっかりしている…

ゆっくりと、蜜穴をほぐしていく感覚が、直腸検査をしているような気分になる。

「なんか、この感覚…直腸検査みたいだな…」

「あははっ!俺もそれ思った!だけど、ここってすごいな?今、指何本入ってると思う?」

「えっ!2本くらいか??」

「正解は3本!」

「…マジ??」

「マジ!」

そんな会話をしていると、俺の蜜壺に孝義の指がするっと入り、前立腺を刺激してきた。

「んあっ!!そこっ…!!んふっ…んぁぁっ!!」

「そう。前立腺~。どう気持ちいい??」

「ぅぁっ…んぁっ…ふぁぁぁっ…」

「うん。気持ちよくてなにより!じゃあ…俺も我慢できないから入れるね?」

そういうと、孝義は俺の蜜壺に男根をゆっくりと入れてきた。

「ぅあああああああっっっっっ!!」

「陸人、ナースにバレる…」

痛くて、大声を出してしまった俺の口を孝義が口でふさぐ。

気持ちよかったり、痛かったりで、頭の中がぐちゃぐちゃだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2231Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント