禁じられた関係

・作

二つ年下の後輩、優太と関係を持ってしまった洋介。お互いに彼女もいて、満たされているはずなのに何度もお互いの体を求めてしまう。今日もまた、二人が本当に求めているものは、お互いの体なのか?それとも…。今日もまた、二人は逢瀬を重ねてしまう。

月の光に、優太の横顔が照らされる。
電気を消して、真っ暗にして、っていうのは俺のリクエスト。
真っ暗闇の中、探り探りで互いの指先を絡めていくのが、好きだ。
それに、情事中の顔を見られるのは、大嫌いだ。

「…は…ぁ…」
「暗いから、どんくらい痕がついたかわかんないや」

首筋を噛んだ優太が、悪戯っぽくそうつぶやいた。
痕をつけるのが目的なくせに、よく言うよ。
“どの口が言ってるんだか”と言い返したら、降ってきたのは噛みつくようなキス。

「んん…ッ」
「…まじ生意気…」

小さく聞こえた、そんな言葉。
生意気って言われたって、俺のほうが年上だ。
二つ下の後輩に、そんなこと言われる筋合いはない。

彼女の友だちの、彼氏。
初めましてがそんな出会いだったなんて、今じゃ笑い話だけど。

「俺とするのと、女の子とするの、どっちが好き?」
「…そういう質問には答えない」
「ケチくさ」

俺も優太も、いわゆる“バイ”というやつ。
お互いに彼女がいるし、女の子とセックスもする。
だけど、こうやって関係を続けているのは、互いに気持ちがいいからだ。

女がいいとか、男がいいとか、そういう大きなくくりじゃない。
俺も優太も、お互いとのセックスが好きだから、ダラダラとこの関係を続けている。

「痕ついてて、彼女になんか言われないの」
「言われない。真っ暗ん中するから」
「ふーん…うっかりしててバレたとかやめなよ」

じゃあ痕をつけなければいいのに。
そう言おうとしたところで、もう一度肩口に噛みつかれた。

俺がなんで真っ暗な中でセックスするか、知りもしないくせに。

もうすでに目が慣れてしまっている。
肌の色やはっきりとした輪郭はわからなくても、その表情はなんとなくわかる。
優太はいつものように満足げな表情を浮かべながら、俺の体中を撫でまわしていく。

骨ばったその指先が、俺の胸の突起をかすめて、思わず小さく声が漏れた。

「…もう硬くなってんじゃん、ココ」
「嫌な言葉攻め…それ」

互いの体のことはもう、わかりきっている。
ちゅ、ちゅ、と音をたてながらそこに吸いつかれて、時折前歯で甘噛みされる。
そのたびに、こいつに開発された俺の体は反応を示してしまうのだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2232Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音546Views

最近のコメント