砂漠の一夜

・作

魔法使いが多くいた古代アラビア。地平線の彼方まで広がる砂漠の向こう。そこにひっそりとした国があり、若くしてその国を治める王がいた。その王の名はアシュラフ。そして、奴隷として献上された踊り子のサクル。しばらく共に過ごすうちにアシュラフはサクルを気に入り、サクルはアシュラフに好意と劣情を抱いていた。そして、ある晩…。

しなやかな体躯(たいく)にまとった、オーガンジーのような薄紫色の布を優雅にひるがえす。
そのたびに、その布に縫い付けられた金具やアクセサリーが小気味よい音を奏でた。
蝶のように軽やかに、時に燃え盛る炎のように猛々しく。
天蓋に包まれ、いくつも置かれたクッションに身を沈めながらその姿を眺める一国の王に向けて踊る。
ほろ苦いぶどう酒が与えてくれる心地よい気だるさに身を任せている姿が目に映り、動きを止めた。

「アシュラフ様、眠いのでしょう?眠るのならベッドに行きましょう」

「…まだ…お前の踊りを見てみたいよ」

「…っ…光栄です。でも、明日もまたあなたのために踊りますから、今日は眠りましょう」

日頃から素直な態度だが酔いが回っている今、さらに真っ直ぐな言葉がサクルの心に響き、照れくささを隠しながら王の体を抱き上げた。
すると、いつもより酔っているのかアシュラフはサクルの首に腕を絡めてきた。

「っ…!…アシュラフ様、腕をお離しください…」

「ははっ、サクル真っ赤だ。…今日は一人で寝たくない気分だ。たまにはよいだろう?」

「あはたは何もわかってない…っ…」

何の計算もない、ただ酔いに任せて甘えているだけだからこそたちが悪い。
サクルは最早、今まで心の奥底で渦巻いていた感情をコントロールすることができず、アシュラフをベッドに下ろすと覆い被さる。

「煽ったのはアシュラフ様の方だ…俺の気持ちなんか知らずに」

耳に唇を寄せ、低く振り絞るような声でそう囁くと噛みつくように唇を重ねた。

*****

本能のままに舌を絡めていると、明らかに若き王の瞳が酔いではない恍惚(こうこつ)の色をにじませ始めたことに気づいた。
その蠱惑的(こわくてき)な瞳に自らの身分を忘れ、逃げられないように細い腕を先ほどまで踊りで使っていた布で上に縛り上げる。
あふれ出る独占欲はもう、自分にも他人にも止められない。

「ずっとこうしたかった…あんたが欲しかった…」

「ん…サクルなら、いいよ…」

呼吸は獣のように荒く、抵抗されないのをいいことに、いささか性急に服をはだけさせると褐色の肌を手の平でなぞる。
その滑らかな感触は、欲情を一層煽るのに十分で、さらに味わおうと首筋から胸元、腹部と舌を這わせていく。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ 同級生 エロエロ 年の差 ちょいエロ 年下攻め 胸キュン ゲイ リーマン スーツ シリアス 社会人 職業もの ドS 健気受け かなりえろい 誘い受け ツンデレ ヤンデレ 年上受け 調教 幼馴染み 学園 エロすぎ注意

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音6060Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3982Views

  3. 肉体系体育教師はセラピストの強制女性化プレイに夢中!

    雷音2565Views

  4. 捕虜の戦士は魔道師に調教される

    梅雨紫2521Views

  5. 人見知り男、唇性感帯ヤンキーを拾う

    雷音2221Views

  6. それはお前だけじゃない

    赤茄子2173Views

  7. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ1794Views

  8. 恋の終わりは陽だまりの匂い

    ひとえ1792Views

  9. 調教カクテル

    アンノアンズ1779Views

  10. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1751Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • 妃くるみ (21)
  • みやび (21)
  • あめ (18)
  • 雲之シタ (17)
  • 乙倫 (16)
  • RIKUNA (16)
  • つきの (12)
  • 空野さかな (9)
  • 如月よだか (9)
  • アオイ (9)
  • Kiyoka (8)
  • 塩チーズ (7)
  • よし乃 (7)
  • 雷音 (7)
  • さゆら (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • 結城愛來 (6)
  • じん (6)
  • ささくれ (6)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ひとえ (5)
  • 桜花 (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 鬼灯 (4)
  • pou (4)
  • 風間 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • 井野 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • izumi (2)
  • 田中のぞみ (1)
  • 菜月あかり (1)
  • マロ (1)
  • 葉山りん (1)
  • ai (1)
  • 匿名K (1)
  • 平野るな (1)
  • nola (1)
  • 赤茄子 (1)
  • 天乃リン (1)
  • ミタカ (1)
  • 須田 (1)
  • 翠蘭 (1)
  • くらげ (1)
  • 青山サキ (1)
  • monimoni (1)
  • 青鷺文庫 (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • ゆゆんぽ (1)