フェロモンと肉欲の使い方

・作

警察官の檜山泰久(ひやま やすひさ)は、超有能で将来有望な男であり、他部署の後輩にである石田啓介とセフレ関係にある。彼にはセフレがいるということの他に、もう一つ、周囲に対して秘密を持っている。それは、オメガ性であるということだ。石田啓介は、そんな檜山の肉欲と将来の舵を持つことに、密かに優越感を感じていたのだが……。

 相も変わらず残業を数時間こなし、終電の3本前に駆け込み乗車をして帰路についたが、一日の終わりに最大の癒しが待っているから俺は明日も頑張れる。
 その癒しとはつまり、部署違いではあるが先輩にあたる、超有能な男とのセックスだ。

 しかも、今はちょうど発情期にあたる時期だ。玄関を開けるとすぐに室内に充満したフェロモンにあてられる。甘ったるい匂いが壁紙に染みつきそうなくらいに漂っていた。
本人には言えないが、俺はアイツの発情期の時期が一番好きだ。普段の不愛想とは反対に正直になるし、ポーカーフェイスも崩れる。なにより、あの社会的にも人間的にも勝ち組なあの男が、この俺の性器にむしゃぶりつくのだ。澄ました顔が肉欲にとろける表情は俺だけが見れる最高の特権だ。

 ネクタイを緩め、匂いの強い寝室へ向かう。さすがに靴下を巣材にされるのは嫌だったので廊下の途中で洗濯機のなかに放り込んできた。

「檜山さーん。ただいま帰りましたよ。まったく、エッチな匂いが外まで漏れてますよ」

 最後のはもちろん嘘だが、あながち間違ってはいないと思う。このマンションの隣人がもしアルファだったら絶対に気付いているだろうし、フェロモンにあてられて部屋に押し入ってくるだろう。しかし幸いにもそうでないのが救いだ。

 俺は声をかけた先にある巣の上に、脱いだ衣服を重ねた。こんもりとした山の中から腕が伸びてきてその脱ぎたての新鮮な服を取り込んでいった。さらに俺の手首も掴んでぐいと引っ張られた。

「啓介……、おかえり、遅かったな、待ちきれなかったぞ、はやく、はやく……っ」

 言葉を途切れながら紡ぐ檜山さんは、もうすっかりのぼせた顔をしていた。しっとりとした唇が触れる。すぐに濡れたキスに変わり、熱い舌が俺の唾液を欲しがるようにピチャピチャと音を立てて動き回った。
 
 手首を掴んでいた啓介の手が、俺の首に回され、後頭部を抱き込まれた。巣から出てきた体は一糸まとわず、じっとりと熱い皮膚が触れる
 色白の肌が紅潮していて、下半身のぷるんと勃起したペニスは真っ赤になるくらいに腫れていた。巣材の上に寝転がせると、充血したペニスの根元も濡れていて、後孔からはタラリと愛液を溢れさせていた。

「自分で解していましたね?」

 蕾の周りを撫でるとヌラリとした液体がすでに塗り広げられていた。

「ああ……、君がそう言ったんだろう。せがむなら用意くらいしておけってな。……なあ、はやく君の、そのデカイのをくれよ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい ほのぼの 切ない 無理矢理 ノンケ 年の差 同級生 年下攻め エロエロ 社会人 胸キュン ちょいエロ シリアス ゲイ スーツ かなりえろい リーマン ツンデレ 誘い受け 健気受け 年上受け ドS ヤンデレ 職業もの 幼馴染み 学園 調教 エロすぎ注意

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 指名率No.1ホストは黒服に犯されて

    雷音8541Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ4892Views

  3. 調教カクテル

    アンノアンズ2641Views

  4. お人形さんは快感中毒

    つきの2248Views

  5. 【悲報】飼い犬に童貞処女を奪われました!

    雷音2219Views

  6. 気難しい先輩とオレの相性について

    ひとえ2179Views

  7. 満員電車の恐怖

    結城愛來2105Views

  8. 愛おしい年上彼氏

    ささくれ1910Views

  9. 通い猫に恋をした

    鬼灯1391Views

  10. ウリ専ボーイのレイ君

    Kiyoka1367Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • みやび (21)
  • まさを (21)
  • 妃くるみ (21)
  • RIKUNA (16)
  • 雲之シタ (14)
  • あめ (13)
  • 如月よだか (9)
  • つきの (9)
  • 乙倫 (8)
  • 空野さかな (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • じん (6)
  • 塩チーズ (6)
  • 結城愛來 (5)
  • ささくれ (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 桜花 (5)
  • ひとえ (4)
  • Kiyoka (4)
  • さゆら (4)
  • タノタ (4)
  • アオイ (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • よし乃 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 雪池 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 風間 (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • ぴかり (2)
  • 鬼灯 (2)
  • pou (2)
  • T1411225 (2)
  • 雷音 (2)
  • 和岐 (2)
  • 梅雨紫 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (1)
  • 翠蘭 (1)
  • ai (1)
  • monimoni (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • 菜月あかり (1)
  • 青鷺文庫 (1)
  • マロ (1)
  • nola (1)
  • 葉山りん (1)
  • 平野るな (1)