君の世界に居られるだけでいい。

・作

新庄組の次期若頭候補である組長の息子・新庄佳臣と、新庄組のシマで中古書店を営む高橋瑞樹は、白昼の店舗で身体をつなぐような仲だが、恋人ではない。いつものように、佳臣が瑞樹の店を訪れると、組長である父親から、女遊びをやめるように言われたと悪態をつく佳臣。この関係の終わりを感じた瑞樹だったが…。

とある繁華街の裏路地に、ひっそりと佇む中古書店。

そこへ、上背のある人相の悪い男が、ドアに掛かっているプレートをひっくり返してから乱暴にドアを開けて入っていく。

「いらっしゃい、佳臣(よしおみ)くん」

中古書店店主、高橋瑞樹はにこやかにその男を迎え入れた。

「…脱げ」

佳臣くんと呼ばれた男は、横柄に言い放った。

「…あっ…、うん」

新庄佳臣は、この界隈を仕切っている新庄組の若頭候補で、組長の息子だ。

佳臣がチンピラの頃に店の前で怪我をしてうずくまっていたのを介抱してから、なぜかこんな風に身体の関係を持つようになってしまった。

「ちょっとまってね…」

店の奥の小上がりに向かう。

小さなちゃぶ台とテレビ、扉のついたカラーボックスがおいてあるだけの簡素な休憩スペースだ。

瑞樹がちゃぶ台を片づけて、ワイシャツを脱ぎながら、

「あっ、プレート…」

と呟くと、佳臣はいらだちを隠しもせず「裏返してある」と返す。

一人で店を切り盛りする瑞樹が外出するときには、必ず営業中のプレートを外出中に変えている。

客が入ってくると都合の悪い、こういうときもだ。

「ありがとう」

「いいから、早くしろよ」

「うん、ごめん…」

「モタモタすんな。乱暴にされたくないだろ」

「ご、ごめんね、すぐ脱ぐから…っ」

瑞樹は慌ててワイシャツを脱ぐと、スラックスと下着もおろした。

それを見ると、佳臣は勝手知ったるとばかりにカラーボックスの扉を開け、瑞樹に常備させているコンドームとローションを取り出した。

「ほらよ」

それを瑞樹に渡すと、横柄に座り込んだ。

「親父の奴、自分は女遊びし放題のくせして、オレに女遊びやめろってよ。冗談じゃねえ」

関係ない話を聞きながら、瑞樹は佳臣のスラックスに手をかけて、前をくつろげ、まだ兆しのないペニスを取り出す。

「じゃあ…僕のところにも、もう来られないのかな」

「あぁ、お前は女じゃねえから、うっかり子供ができることもないし、カウントされないんだと」

佳臣の言葉に、瑞樹はビクっとした。

佳臣の父親である新庄組の組長にも、自分との関係を知られてしまっていることに、瑞樹は驚いた。

「そ、う…なんだ…」

「お前が他の男と遊び歩いてるような奴だったり、他の組と関係してるようだったらまた問題だけど、そんなことねえだろ?」

「僕にこんなことさせるのは君だけだよ」

瑞樹は動揺を隠したまま、佳臣のペニスを口に含んだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ 同級生 エロエロ 年の差 ちょいエロ 年下攻め 胸キュン ゲイ リーマン スーツ シリアス 社会人 職業もの ドS 健気受け かなりえろい 誘い受け ツンデレ ヤンデレ 年上受け 調教 幼馴染み 学園 エロすぎ注意

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音6062Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3982Views

  3. 肉体系体育教師はセラピストの強制女性化プレイに夢中!

    雷音2565Views

  4. 捕虜の戦士は魔道師に調教される

    梅雨紫2521Views

  5. 人見知り男、唇性感帯ヤンキーを拾う

    雷音2221Views

  6. それはお前だけじゃない

    赤茄子2173Views

  7. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ1794Views

  8. 恋の終わりは陽だまりの匂い

    ひとえ1792Views

  9. 調教カクテル

    アンノアンズ1779Views

  10. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1754Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • 妃くるみ (21)
  • みやび (21)
  • あめ (18)
  • 雲之シタ (17)
  • 乙倫 (16)
  • RIKUNA (16)
  • つきの (12)
  • 空野さかな (9)
  • 如月よだか (9)
  • アオイ (9)
  • Kiyoka (8)
  • 塩チーズ (7)
  • よし乃 (7)
  • 雷音 (7)
  • さゆら (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • 結城愛來 (6)
  • じん (6)
  • ささくれ (6)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ひとえ (5)
  • 桜花 (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 鬼灯 (4)
  • pou (4)
  • 風間 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • 井野 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • izumi (2)
  • 田中のぞみ (1)
  • 菜月あかり (1)
  • マロ (1)
  • 葉山りん (1)
  • ai (1)
  • 匿名K (1)
  • 平野るな (1)
  • nola (1)
  • 赤茄子 (1)
  • 天乃リン (1)
  • ミタカ (1)
  • 須田 (1)
  • 翠蘭 (1)
  • くらげ (1)
  • 青山サキ (1)
  • monimoni (1)
  • 青鷺文庫 (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • ゆゆんぽ (1)