腹の奥のあまいもの

・作

20歳の誕生日を迎えたその日、士郎は突然、2人の男たちに抱かれることになります。強引な炎(えん)と物腰が柔らかな泉(せん)。彼らの目的は、士郎の体の下腹部の、さらに奥深くに溜まっている生気のようで…。

「おい、もう犯してもいいんだよな?」
「そんながっつくなって。いきなり嫌われたらどうすんだ」

その日、話し声が聞こえて士郎(しろう)が目を覚ますと、ベッドの上で覗(のぞ)き込んでくる2人の男たちがいた。

派手な容姿の男たち。
どう見たって大声で助けを呼ぶべき状態なのに、士郎はどうしてか声が出ない。

「っと、お目覚めだな。よぅ、待ちわびたぜ」
2人の男のうち、赤い髪で体つきのいい男が声をかけてくる。
耳には山ほどのピアスと、ジャラジャラと付けられた指輪やネックレス。

そんな彼が、袴(はかま)を着ているのだから余計に驚いてしまう。
まるで似つかわしくないはずなのに、妙にしっくりくる彼のそんな姿。

「士郎、おはよう。驚かせてごめんね」
一方で白い髪の男は、もう1人に比べると体つきが細くて。
上品に笑う彼。同じく袴姿の彼は、士郎の頬に触れてきた。

「おい、泉(せん)。お前から説明しろ。俺は待ちきれん」
赤髪の男の方がそう言って士郎の体を抱き寄せ、そうして、彼の膝に座らせられる形になった士郎。
すると彼は、いきなり脇腹あたりに顔を埋めてきた。

「あー、やべぇそそられる匂いだな」
「っ、や…ぁ」
それから、彼の手は士郎の服の中へと入り込む。

「抜け駆けするなよ、炎(えん)。いいや、説明は後にしよう。ねぇ、士郎。とりあえず抱かれてもらうよ」

そうして、泉と呼ばれた白髪の男は、にっこりと綺麗に笑うと、士郎に口付けてきた。

*****

「ん、っあ…は、ぅ、ぁあっ」
突然見知らぬ男たちに抱かれている士郎は、されるがままで。

後ろから赤髪の炎という男に、ガツガツと挿入され体を揺さぶられ、前からは白髪の泉に胸や性器を愛撫される。

士郎の狭い部屋の、狭いベッドの上に男が3人。
ギシギシとベッドを揺らしながら、士郎は彼らに抱かれていた。

「あーくっそ、締めすぎだ。1回先にイクぞ」
「っあ、あ、ちょ、っま…ひぃ、っあん、っあ…」
自分の口から聞いたことがないような甘い声が漏れる。
士郎は気持ちよさにおかしくなりそうで、目の前の泉に抱きついた。

「士郎、大丈夫。体を壊したりはしないって。いいから今は、気持ちよくなることだけ考えて」
「ん、っあ、んあ、ぃ…っあ、いっ、く…」
痛くて火傷したようにジンジンとする後ろを、炎のものが出入りする。
ゴリゴリと中を犯しながら、気持ちよいところをかすめていく、炎の熱くて硬いもの。

そして、同時に前からは泉に、すっかり張り詰めそうな性器を扱かれてしまうのだ。

「あ、いっ、っあ、んふ…っぅ、イく…っ!」
「あぁ、俺もイク…っ」
士郎は、炎に奥まで押し込まれ、そうして堪えきれずにイッてしまう。

そんな士郎の乱れた髪をかきあげて、優しくキスをしてくる泉。
士郎は彼に寄りかかりながらも、チカチカする視界のなか、注がれる熱いものを感じていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3632Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2520Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1684Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1661Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音734Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント