コハク色の罪の香り

・作

結婚15年になるトオルは、偶然立ち寄った喫茶店の店主になぜか惹かれて、会社帰りに立ち寄ることが楽しみになっていた。店主とも少し仲良くなれた矢先、仕事疲れがたたってトオルは店で眠ってしまう。店主に起こされて寝ぼけていたトオルはそのまま店主にキスをしてしまった。慌てるトオルに対し店主は意外な行動をみせる。

午後8時。改札を出たトオルは駅前で賑わう人並みを足早に抜けていく。

大通りから1本入った裏通りは、人通りが少ない。迷いのない足取りで進んでいたトオルはやがて、1軒の店の前で立ち止まった。

石造りの門柱の前に『こはく亭』と書かれた木の看板が立っている。門柱にぶら下がっているトルコランプとツタの絡んだ木の扉が異国のような雰囲気を醸していた。

「いらっしゃいませ」

カランカランと鉄製のウィンドゥチャイムを鳴らして店内に入れば、形式的な声が飛んでくる。店中にコーヒーの香りが漂っていた。

声の主である男は、カウンターの奥からトオルの姿を認めるとフワリと柔らかく笑んだ。

「お疲れ様です。今夜も本日のコーヒーでいいですか」

少し気恥かしくて、トオルは鼻下を擦りながらペコリと頭を下げた。

「うん。お願いします」

男はサイフォンの機械に1番近い位置の、カウンター席へトオルを誘導した。

 

トオルが初めてこの店を訪れたのは、3ヶ月ほど前。持ち帰りの仕事を片付けるべく、静かで集中できる場所を求めて見つけたのがこの店だった。駅から近く、喫茶店でありながら夜10時までやっているというのも利点だった。けれど理由はそれだけじゃない。

「お待たせしました」

10分もしないうちに、香りのよいコーヒーが運ばれてくる。

「ありがとう」

トオルがそう言うと、男はニコリと笑った。それが、トオルがこの店に通う大きな理由だった。

上質なコーヒー豆のような、艶のあるこはく色の髪は緩くパーマがかかっていて、その男によく似合っていた。落ち着いた雰囲気だが顔立ちは若く20代半ばにしか見えない。初めて訪れた時、トオルはその男を店の従業員だと思っていた。

通い始めて3ヶ月。その男以外の従業員には一度も会っていないことに、トオルが気付いたのはごく最近だった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない かなりえろい ノンケ 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 強気受け 学園 調教 エロい 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 健気受け エロエロ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ9247Views

  2. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ7671Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6245Views

  4. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4661Views

  5. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4276Views

  6. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3742Views

  7. 太陽と月

    みやび3538Views

  8. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3377Views

  9. 一夜の戯れ

    RIKUNA3362Views

  10. 沈む、青い夕日

    まさを3320Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (13)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)