鏡写しの真偽

・作

長いあいだ因縁の関係だった、呪い屋のアルベルトと騎士のユール。ユールはアルベルトの首を取ろうと必死だったが、無理やり飲まされた媚薬によってユールのその意思は崩れていく。すっかり熱に浮かされてしまったユールは、もはやアルベルトの体を求め始めていて……。

 軍馬(ぐんば)とは違う、柔らかい、人の体。嫌いな体。憎い体。

「ユール、どうした。動かさないと気持ちよくならないだろう。お前が自分で動くと言ったんじゃないか」

 アルベルトの地をはうような声が、密着する下肢を伝って地鳴りのように響いて背筋を震わせた。
 その無防備にさらされた首を握ってしまえば、積年の恨みは晴れるのに。

 俺は彼の性器を腹の中に埋められて、気持ちも体も狂わされていた。

「騎士なら馬乗りの腰づかいはお手の物だろう。ほら、どうした。さっさと動いたらどうだ」
「黙れ。人の体を勝手に操っておいて……小言の多い呪い屋だな……っ。それも全部、言霊か。魔力を無駄使いするなんて感心しないな、っ」
「失言の多い騎士め」
「っ、あッ」

 足の付け根をつかまれて、グンッと腰が上げられ思わず声が漏れた。
 まるで快感のムチで打たれたみたいだ。頭のてっぺんまで走る電流のような刺激に背が波打つ。両腕を後ろ手に縛られていて、ヘタしたら彼の胸に溶け落ちてしまいそうだった。
 いっそのこと首を噛んでやろうかとも思ったが、全身を透明の縄で縛られてるみたいに、馬乗りの状態から自由に動くことができなかった。

「外道め……終わったらその首を切り離して、殿下と対面させてやる」
「ほう。いまの自分の立場がわかっていないようだな」

 見上げるアルベルトの視線はまるで闇から獲物を狙う獣のようだった。獣は俺には聞こえない呪文を口にした。
 ロウソクの明かりを無数に反射する鏡が大量に現れ、それらは浅ましく繋がる俺たちを円になって囲んだ。顔を伏せても床の方までたくさんの鏡がこちらを向いている。

「悪趣味な……っ」
「強気なのはいいことだ。せいぜいその気の強さを保つことだな。その方がこちらも盛り上がる」

 アルベルトは「ああ、それと」と言ってまた口を動かした。

「ンッ、う、んぐ、」

 彼の右手の中にパッと現れた、ガラス瓶に入った緑色の液体を口に流し込まれた。胸焼けするほど甘く、しかし香辛料のようなツンとした液体。
 緑色の液体がカラになると、彼の手のなかのガラス瓶は再び一瞬にして消えた。そして空いた手の平は、俺の口を塞いだ。

「──ッ、ン、ッ」
「いい締めつけだ。そのままずっと口に含んだままでもいいぞ。どうせ飲み込まずとも口内の細胞が吸収し、効果はでるしな」

 アルベルトは口角を上げてそう言った。
 そうは言われても、飲み込むのも嫌だ。でも、だからといってどうしたらいいのか……ああ、頭がまわらない。頭の中も、体も、まるで風邪をひいたときみたいに熱い。
 熱の中心は、下半身の一点。ぐちゃぐちゃに濡れた結合部が、一番の熱を持っていた。

「はは。お前の性器、また膨らんだぞ。今でさえこんなにダラダラとだらしなく体液を垂れているというのに、その薬が効いてきたら一体どうなるんだろうな」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3762Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2522Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2062Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1895Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1568Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1136Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音965Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん712Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン681Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音620Views

最近のコメント