気難しい先輩とオレの相性について

・作

杉野の仕事の教育係、早川は、美人だがすぐ不機嫌になる気難しい人だった。ある飲み会の帰り、終電を逃した二人は流れでラブホテルに泊まることになってしまう。緊張する杉野に、早川は「一緒に風呂入ろう」と言ってきて…!?早川の誘いに、牧野はどんどん翻弄されていく。

早川さんは少々気難しい先輩だった。

オレの教育係を上司に言い渡された時は、オレ本人の前で全く遠慮なく思いっきり嫌な顔をしたし、オレが仕事の質問をすると驚くくらい不機嫌になった。

しかし神経が図太いことが自慢のオレは、気にせずに質問しまくり、彼のあとをついて行きまくり、挙句の果てには早川さんの方が音を上げて「あいつをどうにかしてくれ」と上司に懇願しに行ったくらいだった。

彼のその願いは受け入れられず、いまだにオレの教育係は早川さんだ。

そんな風にしばらく付き合っていくうちに、オレは、彼がただメンドクサイ先輩なだけではないと思い始めていた。

まず、仕事がとんでもなくできる。

そして、子供のように素直に不機嫌になったりご機嫌になったりするさまは、なんだかちょっと、可愛かった。

同僚にはドエムなのかと心配されたが、そういう性癖はないと思う。

自分でもよくわからないのだ。

なんでこんな人に、自分がこんなに懐いてしまっているのか。

*****

それは飲み会の帰りだった。

駅のベンチに座り込んで眠っている早川さんを、オレはそっと覗き込んだ。

アルコールで薄く朱を帯びた頬に、長いまつ毛の影が落ちている。

『黙っていれば美人』と、女性社員が彼の噂をしているのを聞いたことがある。

確かに、今まであまり気にしなかったけれど、近くで見ると彼は随分と整った顔をしていた。

スッとした鼻筋に、陶器のような白い肌。

オレと違って柔らかそうな髪がサラサラと微かな風に揺れている。

いつも眉間にしわを寄せているその人は、見たことのない緩んだ顔で薄い唇をむにゃと小さく動かし、そしてまた静かになった。

「早川さん」

おおよそ起こす気のないような声量で呼びかける。

「終電、行っちゃいましたよ」

反応はない。少し考えて、オレは言った。

「そんなに無防備で、襲われても知りませんよ」

すると一拍置いて、

「…へぇ、誰が? 誰を?」

と、彼の口がニヤと弧を描いた。

「うわっ」

眠っていると思っていたので、驚いてのけぞる。

どこか楽しそうに、白いまぶたの下から鋭い眼光がオレのことをにらんでいた。

「冗談ですってば。起きてるんならそう言ってくださいよ」
「今起きたんだよ。お前がうるさいから」

うんざりとした顔でそう言って、彼は腕時計に目をやった。

「うわ、終電ないじゃん」
「そう言ったじゃないですか」
「なにやってのおまえ。役立たず」
「いや、あんたがオレの服の端を握りしめたままそこで爆睡してるから、どうしようもなかったんですって…。結構飲んでましたけど、大丈夫なんですか?」
「おまえの服を握りしめたまま? え、キモいね」
「いや、大丈夫ですけど…」

進まない会話に、はは、と苦笑する。

彼は落ち着かないふうに腕をさすりながら少し考えると、ぽつり、と言った。

「悪かったな。タクシー代だすよ」
「え、早川さんはどうするんですか?」
「俺はどっか泊まってく」
「あ、じゃあ、オレもそうしようかな」
「は?」
「いや、オレ、家遠いんでさすがに払ってもらうの悪いし、二人で泊まった方がホテル代安くなりません?」
「でも…」

そこで彼は少し言いよどむ。

難しい性分の人だ。

恐らく誰かと泊まるのは嫌いなのだろう。

怒られるか…?と、提案したことを後悔しかけた、その時。

「おまえなら、いいか」

そう小さな声が聞こえて、オレは思わず彼を見た。

「えっ」
「ホテル探してこい。安くてキレイなとこ。五分以内」
「えぇ!?」

容赦なくはじまったカウントダウンに、オレは慌ててスマートフォンを取り出した。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ ちょいエロ エロエロ ゲイ 同級生 年の差 胸キュン 年下攻め リーマン 職業もの スーツ シリアス 社会人 ドS 健気受け 誘い受け かなりえろい 調教 ツンデレ 幼馴染み ヤンデレ ファンタジー エロすぎ注意 学園

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 酔いどれオヤジと卑劣な親子丼

    雷音5301Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ4231Views

  3. 義兄、雌犬ト化ス

    雷音3773Views

  4. 潜入捜査官~快楽絶頂媚薬漬け~

    雷音3109Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音2163Views

  6. 新入社員の恍惚ランチタイム

    つきの2088Views

  7. 死がふたりをわかつまで?!

    よし乃1810Views

  8. 甘ったれ王子は花婿を選べない!

    雷音1675Views

  9. 加虐性癖サラリーマンはご奉仕ロボットを愛でたい

    雷音1588Views

  10. 銃痕愛~先輩おまわりさんと強制アクメ~

    雷音1492Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • みやび (21)
  • 妃くるみ (21)
  • 雷音 (20)
  • あめ (18)
  • つきの (18)
  • 乙倫 (17)
  • Kiyoka (17)
  • 雲之シタ (17)
  • RIKUNA (16)
  • よし乃 (12)
  • 如月よだか (9)
  • 空野さかな (9)
  • アオイ (9)
  • 鬼灯 (7)
  • 塩チーズ (7)
  • じん (6)
  • 結城愛來 (6)
  • ささくれ (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • さゆら (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • ひとえ (5)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ミタカ (5)
  • 桜花 (5)
  • pou (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 井野 (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • 蒼草 (2)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • izumi (2)
  • monimoni (1)
  • yuriko324 (1)
  • 五月女陸人 (1)
  • ai (1)
  • 葉山りん (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • 赤茄子 (1)
  • マロ (1)
  • 平野るな (1)
  • 菜月あかり (1)
  • ゆゆんぽ (1)
  • 天乃リン (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • nola (1)
  • 匿名K (1)
  • 須田 (1)
  • 青山サキ (1)
  • くらげ (1)
  • 翠蘭 (1)
  • 青鷺文庫 (1)