不安症な恋人のえっちな受け入れ方

・作

サラリーマンの圭太(けいた)の恋人・涼輔(りょうすけ)は、かっこいいのに常におびえている不安症だった。涼輔が安心できるのは、圭太とセックスをしているときだけ。圭太は自分にだけ安心した顔を見せてくれる年下の恋人が可愛くて、今日も涼輔のすがるようなセックスをその体に受け入れるのだった。

「ただいま…て、うわっ!」

ネクタイを緩めながら玄関に足を踏み入れると、背の高い年下の恋人がぶつかるように抱きついてきて、俺は半歩あとずさった。

ぎゅう、と、一回り大きな体が俺を抱き込んでくる。

その腕の強さに小さく息をついて、よしよしと頭を撫でてやると、彼はスンと首元で息を吸って「圭太さん…」と消えそうな声で俺の名前を呼んだ。

「寂しかったか?ごめんな」
「うん、寂しかった。でも、我慢したよ。おかえりなさい、圭太さん」
「ただいま、涼輔」

…俺の年下の恋人は、不安症だ。

*****

用意されていた夕食を食べ終えて皿洗いをしていると、後ろからピタリと涼輔がくっついてきた。

動きにくいけれど作業をする手は止めずに、背中に彼の高めの体温を感じながら俺は言う。

「ちょっと待ってろよ。片付け終わったら、一緒に風呂入ろうな」
「うん…」
「いい子」

涼輔のご飯は今日もおいしかった。

この子は、背が高くて顔もよくて、料理がうまくて頭もいいのに、どうしてか、世の中に不安ばかりを抱えて生きている。

はじめて会ったときは、まるでいじめられ続けておびえた子犬のようだった。

そのボロボロな姿が見捨てられなくて、俺は思わず拾って帰ってきてしまったのだ。

俺が大学生の時の話だ。

そこからずっと一緒に暮らしているけれど、彼が生きていることに不安を感じないのは、どうやら俺とセックスをしているときだけのようだった。

「仕事の調子はどうだ?」

涼輔は在宅で仕事をしている。

蛇口を締めて手を拭きながら、あやすようにそう声を掛けると、彼は俺の首筋に首をうずめたまま、弱々しく言った。

「ちゃんとできたよ。褒められた」
「すごいじゃん。えらいな。…よし、できた。風呂入るか」
「うん」

そう言って、可愛い俺の涼輔は、嬉しそうに頬を上げた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ゲイ ほのぼの エロエロ 切ない ノンケ 胸キュン ちょいエロ 年の差 同級生 年下攻め リーマン 職業もの 誘い受け シリアス スーツ ドS 健気受け 社会人 調教 幼馴染み ツンデレ ファンタジー エロすぎ注意 かなりえろい ヤンデレ 鬼畜

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 配達員は淫乱双子に惑わされて

    雷音4944Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3416Views

  3. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音3165Views

  4. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ2835Views

  5. 初恋アバンチュール

    花園ミツ2205Views

  6. 初体験は玩具でした

    なないろ1941Views

  7. 満月の夜、秘密のお散歩

    皐月亭冥1931Views

  8. おじさんたちは今日もらぶらぶ

    noroko1659Views

  9. 陰キャな部下は隠れビッチ!今日も俺の下で欲しがっている

    なないろ1442Views

  10. 加害者屈服~ペニバンに堕ちた犬

    雷音1415Views

最近のコメント

  • セキ on 抵抗してみて?尊い
  • ヨシキ on 泡まみれ~新人ソープくんは優男ボーイに絆されて~素敵です!! 最初澪くんの切実さとコンプレックスが可愛いな…と思って拝見していたのですが玲さんの優しいこと…!🙏✨ 玲さんも澪くんにソープ嬢をさせること自体嫌だけど、せめて本番だけでも守るため…という気持ちからの研修なんですよね😂 一目惚れからそこまで守りきろうとする玲さんにときめきです…!❤️‍🔥 特に好きだったのが澪くんが必死のアピールをするために玲さんのお顔にその巨乳を押し付けたところです…!! 可愛すぎませんか…!!❤️‍🔥❤️‍🔥 この2人には幸せになってほしいです✨
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに そしてあおいをハヤトサン幸せにして〜
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに
  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる