狼族の里

・作

人と狼族の戦争は終わり、俺ことリクは戦争の締結条件のために狼族の王子の一人、ウェルのもとへと人質という形で送られることが決まった。誇り高い騎士としては屈辱であったが、仕方がない。狼族の里へ迎え入れられた俺がかけられた言葉は驚きのものだった。

俺は一人、狼族が住まうといわれている森の前に立っていた。

*****

戦争は終結を迎えた。人側の劣勢で、しかし狼族も痛手を負っていなかったというわけではなかった。

そこで、締結条約と称して互いの重鎮を数名迎え入れる、という形で人質交換にて終結条約の締結を行うことになった。

俺、リクは王族に仕える騎士の一人であった。

その強さをたたえられ、狼族の姫君と引き換えに俺が狼族の村へと行くことになったのだ。

女でなく俺が人質となることには不服さもあったが、国のことを考えれば仕方がなかった。

*****

狼族に入村するための証として渡された印を見せると、門番の兵士の一人が言う。

「第一王子殿が貴殿をお待ちです」

彼は俺を王城の一室へと導いてゆく。

木製の扉を開けると、「王子!人を連れてまいりました!」と声を張り上げる。

「おお、来たか」

第一王子のウェルは狼族の中でも豪傑として名高く、戦場でも刃を交えた。

「いつか戦場で再び相まみえよう」と誓ったものの、まさかこのような再開になるとは。

「戦場以来だな」

俺がそう声をかけるもつかの間、兵士を追いやると彼は俺を樽のように担ぎ上げた。

「久しぶりだな、まぁ、ちょっくら俺と交わってくれ」

「はぁ!?」

と俺が声を上げるも空しく、彼の鋭い爪で俺の服は木っ端微塵(こっぱみじん)となった。

*****

ああ、俺は人質としてここに来たはずがどうしてこんなことを。

「っああっ、やめ、いた、痛いっ!いっ…」

俺の穴の中には、狼の太い一物が突き刺さっていた。

「さすがに丁寧にほぐしたが、まぁ痛いよな」

ウェルはそのように言いながらも、腰をふるい続ける。

毛が俺の体にぶつかる。体と体が重なり合う度、ウェルの硬くて厚い腹筋が俺に触れ合う。

「っあっ、いっ、いた、いっ」

「単刀直入に言うんだが、俺は、お前が、気に入ってな」

「ど、どうして…ぇっ」

痛みのあまり、俺は声が途切れ途切れになってしまう。

「その顔、その剣をふるう姿、なによりその勇敢さ」

ウェルは戦場で戦う俺の姿を見て、自分のものにすると決めたと言った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3762Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2522Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2062Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1895Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1568Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1136Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音965Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん712Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン681Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音620Views

最近のコメント