ライバルだったはずなのに

・作

社会人フットサルチームに所属しているサツキ。ある日の試合後、トイレに駆け込んだサツキの前にはイケメンでモテモテの健(たける)の姿が。試合後の興奮でなぜか勃ってしまったサツキに気づいた健は、サツキをトイレの個室へと連れ込む。一体サツキはどうなってしまうのか!?

「試合終了!」
「「ありがとうございました!!」」
 グラウンドにブザーの音と、野太い叫び声が響き渡った。
 隣に居たチームのリーダーが、嬉しそうに俺の肩を叩いた。
「今日も絶好調だったな!サツキ!」
「ありがとうございます!リーダーのアシストのおかげっす!」

 俺が所属している社会人のフットサルチームは、地域内でもそこそこ強いほうだ。小さいころからサッカーの経験があった俺は、社会人になってもフットサルとして、スポーツを続けていた。
 今日はいつもより調子がよく、シュートが決まりチームの勝利に貢献することができたのだ。
 俺は身長も持久力も足の速さもそこまでないけれど、シュートの決定力だけは買ってもらっていた。ディフェンス陣を抜いてゴールへボールを蹴り、ネットが揺れるあの快感はどんな快感にも勝てないだろうと思う。
「先輩!俺、ちょっとトイレ行ってきますっ!」
 長い試合にたくさんの水分を取った俺は、突然もよおした尿意に気づいて駆け足でトイレへ向かった。

*****

 まだ試合の興奮が冷め切らずに、息が上がったままトイレに到着すると、シンと静かなそこに先客が居た。
「うわっ!びっくりしたぁ!…ってなんだ、健(たける)じゃんか!」
 急いでトイレに駆け込んできた俺に驚いたような顔をした健は、俺の顔をじっと見つめたあと、無表情で目を逸らした。
「…いや、無視かよ…」
 実はというと健に無視されるのは日常茶飯事だった。といっても健に悪気はなく、かなりの無口なのだ。
 健は俺と違って背は高く、さらさらの黒髪に優しそうな目つきをしている。俺と健は年も同じで、同じ時期にチームに加入した。しかも、ポジションも一緒だから、どうしてもライバル視してしまうのだ。
 それに、無口のくせに女子にはモテるらしい。女心ってのは本当にわからないもんだ。

 何となくいたずらしてやりたくなった俺は、わざわざ健が立っている便器のすぐ隣に立ってやった。
 俺に気づいた健が少し嫌そうな顔をして、こっちを見る。
「…なんでこんなに空いてんのに、わざわざ隣くんの?」
「うるせー、俺を無視した罰だ」
 俺はぷうっと頬を膨らませて、怒ったふりをした。本当に怒っているわけじゃないけど、たまには健の困った顔を見てみたくなったのだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3827Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2523Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2002Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1917Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1703Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1208Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音977Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん760Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音628Views

最近のコメント