図書室の君 (Page 2)

「んん…ッ?!」

身体の痛みと違和感で意識が唐突に覚醒した。

場所はどこだか分からないけど、僕は何故か裸で、七瀬君の…ペニスを…お尻に入れられていた。

「なん…なんで、こんなことっ…」

「ずっと好きだった、だから僕に抱いて欲しいって佐々木君が言ったから…、こうしてるんだよ?」

図書館で盗み見た綺麗な横顔とは違う、額に汗を浮かべて腰を振る七瀬は、ほんのりと僕を憐れんだような微笑みで見下ろしていた。

まずい、これはまずい。そう思うのに、僕の身体は勝手に気持ち良くなってしまう。

でも、時折眉を寄せて快楽を逃がすような表情をする七瀬君はやっぱり綺麗で、そんなことを考えている場合じゃないのに、見とれてしまう。

「七瀬…っ、く…ん…」

やめてほしいと言うつもりだったのに、思いの外甘えた声が出てしまって、それ以上声が出せなくなった。

ローションか何かで奥まで濡らされた僕のお尻は、七瀬君の固くなったものを簡単に出入りさせていて恥ずかしくてたまらなかった。

混乱しているのに感じてしまって、わけが分からなくて泣いていることも、僕の羞恥心を倍増させる。

七瀬君が根元まで突き入れるたびに、僕は体中がびりびりと痺れるような快感を覚えてしまって、どうすることも出来なくなった。

「…えっちな顔…。もっと気持ちよくしてあげる…」

七瀬君の手が、僕の身体の中心で先走りを零しているペニスをゆるく握った。

「ひ、いっ、っ…!」

ぐしょぐしょに濡れたペニスを扱かれて、僕は堪えられずに射精してしまった。

「あ、締まる…っ…」

くっと歯を食いしばるような表情をして、七瀬君は動きを止める。

これで終わりだと思ったのに、七瀬君は僕の脚を抱え上げた。

「ちょ…っと、待って…、なに…」

「危ない危ない…、イッちゃうところだった。佐々木君が可愛いからもっと鳴かせちゃおうかなって、思って」

七瀬君の手が、僕の膝を押さえている。

止めようと思う間もなく、七瀬君は奥を打ち付ける様に腰を大きくグラインドさせた。

ばちん、と音がするほどに奥を突かれて、僕の喉から悲鳴が上がる。

「は…ァ、いや、だ、もう、イッたのに…ッ」

「残念だけど、僕はまだだから…もうちょっと鳴いてて…」

七瀬君は、僕の状態なんて気にもしない様子で腰を振る。

そのたびに、パン、パンと肉のぶつかり合う音がする。

「あっ、アッ、あぁっ、あっ」

奥を突かれる刺激で、僕は声を上げてしまっていた。

「佐々木君って、もしかして初めてじゃないんじゃないの…?お尻でこんなに感じちゃうなんて…えっちだなあ…」

腰を動かしながら、そう呟いた七瀬君の声は低く掠れていて、色っぽくて、僕は背中がゾクゾクした。

「ちが…っ、そんな…、したこと、ない…ッ、こんなこと…っ!」

「そうなんだ。でも、すっごい気持ちいいって顔、してる。可愛いね…」

「してな、してない…っ」

七瀬君は、はぁと息を吐いてから、額に張り付いた前髪を手の甲で乱暴に拭いながら、

「気持ちいい、って、言ってよ。聞かせて欲しいな…」

耳元で、七瀬君が囁くようにそう言うけれど、僕は恥ずかしくて、ただ首を振るしかできなかった。

すると、それまで激しく打ち付けていた腰の動きが、僕の気持ちいいところを探そうとするように変わって、浅く深く、ランダムな動きになった。

「あっ、あぁ…!」

「ほら、気持ちいいね…っ?言ってごらん、気持ちいい、って!」

「き、気持ち、い…、気持ちいい…!」

言われるままに気持ちいいと繰り返したら、それまでよりもずっと、体中が敏感になってきたような気がした。

「ああっ、七瀬君、気持ちいいっ、気持ちいいよぉ…!!」

僕はもう、隠すこともできず、自分からペニスに指を絡めて扱きながら、叫ぶように「気持ちいい」と繰り返した。

「佐々木君、すっごいエッチで可愛いね…、もっと声聞かせて…!」

「気持ちいいっ、もっと、突いて…!いっぱい、すごい、気持ちいい!」

もう、訳が分からないくらいになって、僕はただ気持ちいいことを知らせるだけになった。

とぷとぷと僕のペニスから精液が溢れる。

公開日:

感想・レビュー

スパム対策のため現在コメントの受付を一時停止しております。

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3313Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2477Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1982Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1854Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1485Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1031Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音960Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん706Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン680Views

  10. 鬼教官屈服!サバイバル輪姦~強制筆おろし芸披露~

    雷音578Views

最近のコメント

  • M on おにいちゃんの射精管理攻めの汚喘ぎは人によっては地雷だろうから注意書きかもしくはタグはいる気がする
  • セキ on 抵抗してみて?尊い
  • ヨシキ on 泡まみれ~新人ソープくんは優男ボーイに絆されて~素敵です!! 最初澪くんの切実さとコンプレックスが可愛いな…と思って拝見していたのですが玲さんの優しいこと…!🙏✨ 玲さんも澪くんにソープ嬢をさせること自体嫌だけど、せめて本番だけでも守るため…という気持ちからの研修なんですよね😂 一目惚れからそこまで守りきろうとする玲さんにときめきです…!❤️‍🔥 特に好きだったのが澪くんが必死のアピールをするために玲さんのお顔にその巨乳を押し付けたところです…!! 可愛すぎませんか…!!❤️‍🔥❤️‍🔥 この2人には幸せになってほしいです✨
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに そしてあおいをハヤトサン幸せにして〜
  • セキ on 通い猫に恋をしたこのまま結婚すらゃあいいのに