おじさんたちは今日もらぶらぶ

・作

朔太郎(さくたろう)は、恋人の薫(かおる)のことを非常に羨ましく思っていた。長い月日をともに過ごしていくなかでもうお互いに所謂おじさんと呼ばれる歳になったというのに薫はとてもいい歳のとり方をしていて、それに比べて自分は…。自分なんてと卑下する恋人をでろでろに甘やかすイケおじ×ふつおじのハッピーらぶらぶストーリー。

「薫は本当にいい歳のとり方をしたなぁ…」

リビングのソファでお茶を啜りながら朔太郎はしみじみと呟く。隣に腰掛けていた恋人である薫はコーヒーを飲みながら、ふふと笑った。

「どうしたの急に」

「いや、最近自分がものすごくおじさんになった気がしてなぁ」

体力は落ちたし、目は霞むし、白髪も増えたし、腹も出てる気がする…。すると薫は朔太郎の腹に手を伸ばしてさすさすと撫で上げた。

「ん〜…そんなことないと思うけど。俺だって同じようなもんだよ」

「いや全然違うだろ」

朔太郎の目から見てだけではなく客観的に見ても薫は所謂イケおじと呼ばれるジャンルの人間であることは明白だった。

体力は落ちてなさそうだし、新聞や本を読む時に掛ける眼鏡も様になっているし、白髪もバランス良く増えうまい具合にロマンスグレーといったおしゃれな色合いになって、腹は出ていない。それに比べて自分は…朔太郎は小さく溜息を吐いた。

「朔太郎は昔から変わらず可愛いよ」

「はいはい、そんなこと言ってくれるのお前だけだよ」

とはいえ朔太郎もおじさんになることが嫌なわけではない。確かに恋人に比べればかなりおじさんおじさんしたおじさんになってしまった訳だが、それと同時に長い時間をともに過ごしたという事実が嬉しかった。

色々なことがあったなぁとしみじみと思うと、さまざまな情景が走馬灯のように浮かんでは消える。たくさん悩んだし困ったし喧嘩も数え切れないほどしてきたけれど、概ね楽しい日々だった。恋人の薫のおかげで。

「朔太郎は可愛いよ」

こうして薫は度々朔太郎のことを褒めて甘やかして、存在自体を肯定する。朔太郎は昔に比べて自己肯定感が上がりに上がって、恋人がいずれ自分に飽きて離れていくかも…なんて心配は一切しなくなっていった。薫の教育の賜物である。

「はいはい」

ただそれはそれとして腹が出たのは単純に少し恥ずかしい。流石にお菓子はそろそろ控えないとまずいだろうかと、服のなかに侵入してきた身体を這う手を止めながら思った。

「…まだ明るいからだめ」

「明るくなかったらいい?」

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3618Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2527Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1809Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1679Views

  5. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1653Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1033Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音923Views

  8. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音774Views

  9. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん745Views

  10. ストーカーの僕

    クロワッサン730Views

最近のコメント