隣人とふしだらな関係

・作

 一年前に引っ越してきた木村要一郎はひと回り若い隣の旦那、瀬川圭介と身体を重ねる関係になっていた。要一郎は家族がありながらもその快楽にのめりこみ、関係を解消できないでいた。もうこの関係を終わりにしたいと思っていたのに、要一郎を手放したくない圭介は強引な方法を選択した。

「行ってきます。要一郎さん」

 妻がお隣の奥さんと二人で出かけるのに、笑顔で私にそう言った。玄関のドアが閉じた瞬間が、私たちの合図になった。

「けい…」

 まずリビングに戻ってゆっくりコーヒーでも飲もうと促すつもりだったのに、行ってらっしゃいと振った私の手を取って、引き寄せた。腰にも腕を回して逃げられないように唇を押し付けてくる。

「んっぅ、待ちなさ…っ、鍵を閉め…んっ!」

「俺たちにそんな暇はないでしょう? 二人は買い物が終わったら帰ってくるんだから」

*****

 私がお隣さんの瀬川家と交流し始めたのは一年ほど前のこと。妻は私より一回りは若いので、引っ越し先の同じ年代の瀬川家とすぐに仲良くなった。

 私も年の離れた瀬川家の主、瀬川圭介とは”普通”に仲良くしていたはずだけれど。

「もたもたしていたら、俺に抱かれてる姿を奥様に見せることになってしまいますよ?」

 年上の私を貶めるのが好きなようで、そう言われながら玄関からリビングのソファに移動する。移動の間も唇を塞がれ、ズボンからシャツを引き出された。隙間から手を入れてきて、胸の先端を抓られた。

「あっ…っん」

 痛みとも快感ともわからない痛みに、立っていられずにソファに腰を下ろした。唇を離したお互いの口は粘度の高い唾液で糸を引いている。

「胸が弱くなりましたね?」

「お前のせいだ」

 今まで胸を弄ばれることなんて無かったのだから。

「じゃあここは俺だけのものですね」
 力なく座っている私のシャツのボタンを外して、前をはだけさせると胸に顔を寄せてきた。先端を口に含んで強く吸ってくる。

「あっ…強くするな…痕をつけるんじゃない」

「ああ…、奥様とするときにバレてしまいますか…。自由につけられないのはもどかしいですね」

 強く吸われ、敏感になった胸の中心に息を吹きかけながら嘆いている。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3633Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント