僕は人魚姫にはなれない

・作

面食いの西野は王子のようなルックスの前川に一目惚れをする。ノンケだからと諦めつつも、前川とお近付きになろうと必死で頑張る西野。しかし、前川には別の好きな人がいた。自分を代わりにすればいい、西野のその一言から始まる歪な関係。その関係はどんどん西野を苦しめていく。そんななか、前川から衝撃的な一言を告げられる…。

「笠井ッ…」

グチュグチュといやらしい音が部屋中に響き渡る。

速くなる腰の動きに合わせて、その音はいっそう大きく音を立てる。

「気持ちいい?っ、笠井っ」

硬くなったペニスで何度も刺激され、漏れそうになる声を、僕は必死で抑えた。

「あぁッイきそう!…」

より激しくなるピストン。

「笠井ッ笠井ッ!一緒にイこうっ!!」

後ろから何度も名前を呼びながら、白い熱が僕の中に注ぎ込まれる。

ドクドクと中に入ってくるその感覚に、僕は涙が出そうになる。

力尽きて僕の背中へパタリと身を預けた男は、小さな声で囁いた。

「かさぃ…」

僕ではない、他のやつの名前を。

*****

「ん…」

「ようやく起きた?前川」

グタリとベッドの上で横たわる前川に声をかけると、のそりと力無く起き上がる。

「ごめん、西野…」

ようやく呼ばれた僕の名前に、嬉しさよりも悲しみが先行し、自然と眉が寄る。

けれどそれを見られるわけにいかず、僕はプイッとそっぽを向く。

「毎回謝るくらいならさっさと笠井に告白しなよ。それでフラれろ」

「酷いなぁ、西野」

僕の言葉に前川は苦笑いを漏らす。

本気でそう思う…なんて前川には伝わらないんだ。

*****

僕と前川は2年前、大学1年生のときに出会った。

もともと同性が好きで、面食いだった僕は、その王子のようなルックスの前川を偶然見つけ、一目惚れした。

ノンケ相手に無理だとわかっていながら、どうにかお近付きになりたくて、とにかく必死で前川のそばに寄っていった。

学部も違う、サークルも違う。

接点なんて何1つなかったけど。

偶然を装って食堂で隣の席いいかと声をかけたことが最初。

わざと目の前で物を落として拾ってもらったのが2回目。

そうして少しずつ僕の存在を認識させて、ついには他愛もない話をする友達にまで昇格した。

そして大学2年生のときには、複数人で外で遊ぶ場所に呼ばれるまでに昇格。

我ながらそこまでよく頑張ったと思う。

そんなふうに前川との距離を縮めていたある日、ついに2人きりで会わないかとお誘い。

大学から少し離れていて、あまり人がいない喫茶店を指定され、そこで前川から言われたのが…。

「俺、男が好きなんだ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3825Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2516Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1985Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音970Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音627Views

最近のコメント