恋をするなら君と

・作

陸斗の好きな相手・湊はフラれるたびに陸斗の元に慰められにくる。恋人になりたいと思いながらも自分の思いを伝えられないまま、陸斗は湊が訪ねてくるたびに抱いていた。そして今日もまた、フラれたと言って湊は陸斗の元を訪れて…。

「フラれた、抱いて」

そう言って俺のことを駆け込み寺のように使う男に恋をしている。ただ人肌恋しくて、慰めて欲しくて湊が俺を選んでくることが寂しくて嬉しい。

「いいよ」

だから今日もまた、湊をフった誰かの代わりに俺は湊を抱くのだ。

*****

「キス長い」

「湊、キス好きでしょ」

「好きだけど、焦れったい」

唇と舌先だけでするキスは気持ちがいい。セックスをするよりもずっと優しくて安心できる。でもそれだけじゃ足りなくなって、もっと深くまで欲しいと思ってしまう。

「ベッド行こうか?」

湊の服を脱がせて裸にしていく。筋肉質で引き締まった身体は変わらず綺麗だ。

「ん…」

首筋に口づけると甘い声が上がる。白い肌の上に赤い花びらが散っていくような感覚が好きで、つい痕を残したくなってしまう。湊はそれについて何も言わないし、むしろ嬉しそうな顔をしているようにすら見える。

「陸斗って結構独占欲強いよね」

「うん…そうだね」

湊を誰にも渡したくないと思う。湊は俺以外の、俺の知らない誰かのことが好きなのに。それでも湊は俺の独占欲を受け入れてくれる。それならいっそ、本当に恋人になれたら良いのに。なんて思うこともある。

「っあ…りく、そこだめぇ…」

「ダメ?こんなに反応してるのに?」

胸の先端を口に含んで転がすと、湊は一層高い声で鳴いた。湊は乳首を攻められるのが好きらしい。嫌だとかやめてとか言いながら、腰を押しつけてくる様はとても可愛くて愛おしい。

「もう後ろ触ってほしい?」

ローションを手に取って温めてから、後孔の縁をなぞるように指先で触れる。ひくりと震えるそこに中指を埋め込むと、熱を持った内壁が絡みつくようにして締め付けてきた。

「ぅあっ…!ふぁ…りく、はやく…」

湊の中はすごく熱い。ここに挿れてしまったらすぐに果ててしまいそうだと思うほどに気持ちが良くて、まだ慣らすだけのつもりだった動きを止めることができなかった。

「ああッ!ひっ…んんっ!」

前立腺を刺激してやれば、面白いくらいに湊の身体が跳ね上がった。何度も繰り返し刺激を与えて絶頂へと導いてやると、湊の声からは余裕が無くなっていく。

「あッ!イっちゃう…!イッちゃうからぁ!!」

湊の性器から白濁液が溢れ出すと同時に、ぎゅっと中が強く収縮した。そのまま2本目の指を入れてばらばらに動かしてやると、ぐちゅりと卑猥な水音が部屋に響いた。

「すごい音してるよ」

耳元で囁きかけると、恥ずかしさに耐えられないというふうに頭を振られた。

「もぉ無理ぃ…りくとのほしい…」

蕩けた瞳で見つめられてそんなことを言われてしまうと我慢できなくなってしまう。本当はもう少し解してからと思っていたけれど、湊に誘われたら抗うことなんてできなかった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3613Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2527Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1809Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1679Views

  5. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1653Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1033Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音923Views

  8. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音774Views

  9. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん745Views

  10. ストーカーの僕

    クロワッサン730Views

最近のコメント