Hから始まる似た者同士の恋

・作

アキは幼馴染みのカケルと同居中。しかし数日前、酔ったカケルに襲われて一線を超えてしまった。カケルとの接し方に悩むアキ。しかしカケルに女性と外泊疑惑が浮上して、心が大きくかき乱される…。切ない胸キュンBL!

繁華街の雑踏に混じって、確かに女の声が聞こえた。

「今日は帰らない」

カケルはそう言って電話を切った。

「…なんだよ、それ」

俺はすでに切れている電話をソファに投げつける。

カケルの気に入っている青いクッションが、小さな音を立てて揺れた。

「逃げんなよ…カケル…」

幼馴染みのカケルと同居を初めて半年。

終電を逃して会社の近くに泊まるなんてことは、過去にもあった。

しかし、今回は事情が違う。

俺たちの今後について話そうと約束をしていたのだ。

「俺だけ悩んで…バカみてぇじゃん」

俺は冷蔵庫から持てるだけの缶ビールを抱えるとテーブルに置いた。

冷えたプルタブに爪をかける。

プシュッと抜け出す炭酸の音が、飽和する自分の気持ちと重なった。

「…あんなことしなきゃよかった」

深夜1時を回ったリビングで、俺は膝を抱えた。

*****

事の発端は、3日前の夜だった。

深夜に帰宅すると、カケルが珍しく酔っていた。

「カケル、布団で寝なよ。風邪ひくから…」

リビングのソファで潰れかかっているカケルに手を伸ばす。

カケルは赤くなった顔を上げると、虚ろな瞳で俺を見た。

「アキ…お前いつもイイ匂いするよな…」

「はいはい、そりゃどうも」

俺はあしらうように答えた。

きっと仕事で嫌なことでもあったのだろう。

とりあえず布団まで引っ張ってやろうと体をかがめると、カケルが俺の肩を掴んだ。

「もうちょっと嗅がせろよ…」

そうつぶやくと、俺をソファに押し倒した。

「お、おいっ…カケル…!」

酒で火照ったカケルの体温が俺に覆い被さる。

カケルは首筋に顔を埋めると、荒々しく息を吸った。

「お前の匂い、すげぇそそる…」

甘く低い声が耳をなぞり、思わずビクッと背中が跳ねる。

そんな反応を待っていたかのように、カケルが俺のベルトに手をかけた。

「まって…おまえっ…なにして…っんんッ」

カケルが貪るように俺の唇を塞いだ。

柔らかい感触と酒の味が口の中に広がる。

舌で上顎をなぞられて、俺をすぐに呼吸を乱した。

「ぁあっ…はぁっ…やめろって…カケル…っ」

唇を塞いだまま、カケルが俺の服をめくる。

まるで果物の皮でも剥くかのように、手早く俺の胸部から陰部まで露わにした。

「アキの肌しっろ…女の子みてぇ…」

カケルの指がいやらしく胸を這う。

剥き出しの乳輪を撫でると、隆起した乳首を指で摘んだ。

「はぁあンっっ」

「感じ方も女の子じゃん」

カケルは口角を上げながら、俺の乳首にしゃぶりついた。

「んああッッ」

熱い舌がチロチロと赤らんだ先端を上下する。

腰をよじらせ逃げようとする俺に、カケルはさらに体重をかけた。

「やめっ…どけろよ!カケルっ…ぁああ…っ!」

カケルが俺のペニスに触れた。

厚みのある大きな手が、まだ下を向いたままの亀頭を包む。

鈴口に親指を押し込まれると、じわっと噴き出すように先が湿った。

「あ、アキ…我慢汁出てきた」

「おまえっ…ほんと冗談きついぞ!」

にらみつける俺を、カケルは充血した獣のような目で見下ろした。

「なぁ、きもちいいことしようぜ?」

カケルはスウェットから自身を取り出すと、俺のペニスに押し当てた。

「ウソだろ…やめろって…ああっっっ」

硬直した陰茎が、俺の亀頭を押し潰す。

カケルはすでにイキり勃っていて、触れた裏筋がピクピクと脈打っていた。

「お前っ…なにやってんだよ!離れ…ろ…はぁっああッッ」

下から擦り上げるように、カケルが腰を動かした。

どちらのものかわからない先走り汁が、ヌチャヌチャと淫音を奏でる。

カリで竿を上下されるたびに、俺のペニスはみるみる硬くなっていった。

「はぁっあっ…カケルっもうやめっ…」

「きもちいいだろ?アキ、すげぇエッチな顔してる」

「見んなっ…」

俺は両腕で顔を覆った。

自分でも頬が熱く、瞳が潤んでいることがわかった。

「隠すなよ…俺、お前の顔好きなんだから」

カケルが引き剥がそうと腕を掴んだが、俺は感じている顔を見られまいと必死に抵抗を続けた。

腕の下では唇を噛み、漏れ出す嬌声を抑え込んでいた。

「アキ…俺に見られるの、そんなに嫌?」

「あ…当たり前だろ!お前酔ってるからって、どうかしてるぞ!」

「…もう酔ってねーよ」

カケルは俺の腰を掴むと、軽々と膝に乗せた。

そして、剥き出しになっている尻をわし掴み、荒々しく左右に開いた。

「やりすぎだってカケル!やめろっ!こんなの…ぁあッッッ」

カケルの指が、ヌプ…と入り口をこじ開けた。

「やめっ…抜けっ…抜けよ!カケル!」

カケルは無言のまま、指をさらに奥へと進めた。

「ああッあああッ」

カケルの指に合わせて、ナカからクチュクチュと水音がする。

かぶと合わせで出た我慢汁が、淫らにアナルまで伝っていた。

「だめ…ケツおかしくなるっ…ああっんああッッ」

俺が出した淫汁を潤滑剤に、カケルの指がナカを引っかく。

肉壁が解されていくたびに、腰がビクビクを震えた。

「んはぁっ…もう…っ…やめ…」

視界が滲み、見上げたカケルの顔がかすむ。

カケルの興奮した吐息が、俺の前髪を撫でた。

「…お前が俺をこんなふうにしたんだ」

弱々しくつぶやくカケルの声が耳に入った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 切ない エロい 社会人 無理矢理 ノンケ 年の差 ほのぼの 年下攻め 同級生 かなりえろい シリアス スーツ 年上受け ツンデレ ヤンデレ 幼馴染み エロエロ ドS ゲイ 調教 学園 胸キュン 誘い受け 強気受け エロすぎ注意 健気受け ちょいエロ メガネ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ8703Views

  2. 調教カクテル

    アンノアンズ3322Views

  3. ひみつの診療所

    京野飛鳥2830Views

  4. 先輩、好きです。

    稀木瑞2489Views

  5. その借金、カラダで返します!

    アンノアンズ2341Views

  6. 計画の愛

    一之木歩2089Views

  7. 編集担当との再現セックスが官能小説家に与えた感情

    妃くるみ2003Views

  8. 恋に沈む~監禁14日目~

    アンノアンズ1967Views

  9. 医療従事者たちの最高の薬は淫らな欲望の解放

    妃くるみ1916Views

  10. 愛はいつも突然に

    京野飛鳥1816Views

最近のコメント

  • すみ on おにいちゃんの射精管理攻め喘ぎ&襲い受け あぁ、これは... 確かに地雷なヒトもいるんだろうなぁ... そのための タグなんだろうけど。 #攻め喘ぎ #攻めフェ とかあったらあったでタグでネタバレしそうで嫌だし難しいね。 とりあえず話はエロい。
  • みや on おにいちゃんの射精管理どエロかったです。THE襲い受け好きにはたまらん。
  • 理生 on おにいちゃんの射精管理攻めの喘ぎほど汚いものは無い。
  • コロコロ on ハタチノヒノヨルキミト…モダモダする みやび先生の影あるとこも、世知辛いとこも、青いとこも、好きです
  • コロコロ on 閃光の誘惑話の展開が不自然ですけど、コメディ?ドタバタBLなのか もう少し二人の関係、エピソードが欲しかったかも、エロよりも

作家一覧

  • 稀木瑞 (28)
  • アンノアンズ (25)
  • 京野飛鳥 (25)
  • みやび (21)
  • まさを (19)
  • RIKUNA (16)
  • 妃くるみ (15)
  • 如月よだか (9)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • じん (3)
  • 風間 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 一之木歩 (3)
  • あめ (2)
  • 塩チーズ (1)
  • monimoni (1)
  • ai (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • 翠蘭 (1)
  • 菜月あかり (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • nola (1)
  • 平野るな (1)