×××しないと出られない部屋

・作

冴えない普通の会社員、高橋は同じ会社に勤める木村のことを毛嫌いしていた。木村は営業部のエース、社内きっての色男。しかし高橋にとっては、いつも定時ギリギリに仕事を押し付けてくる嫌なやつだった。しかし、ひょんなことから、二人は“セックスしないと出られない部屋”に閉じ込められることになってしまい…

「セックスしないと出られない部屋…?!」
「本気で言ってんのかよ…それ…」

俺の名前は、高橋和也。
そして、俺の隣にいるのは木村礼。
俺の、大嫌いな男だ。

どうしてこんな男とこんな部屋に入ることになってしまったのか。
それには、深い深い、理由があるのだった。

*****

木村と俺は、同じ会社に勤めている。

とはいえ、俺は経理部で、あっちは営業部。
毎日話すような間柄ではないし、どちらかというと俺にとって木村は関わりたくないタイプの人間。

いつも女性社員を後ろに連れて歩いていて、残業だってほとんどすることなく定時退勤。
残業ばかりの俺とは大違い。華やかな営業部のエース様は、残業なんかしなくたっていいってわけで。

「ごめん、これ!提出遅くなっちゃった、お願いできる?」
「…遅くなるどころか、期日過ぎてますけど…」

経理部の俺に、毎回毎回請求書や領収書の山を持ってくるのだって、エース様には許されてしまう。

「あの、毎回過ぎてますけど…こっちも困るんですよね」
「えー、そこをなんとか!お願いします!」
「…ていうか…なんで定時過ぎたのにこんなもん持ってくるんすか、俺だって帰りたいんですけど」

精いっぱいの嫌味を言ったつもりだったけれど、どうやらこの男には響いていない。
今度は守るから!ごめんね!って、その言葉もう何回も聞いた。聞き飽きた。

なんで真面目にやってるこっちがバカを見なきゃならないんだ。
今日こそは、ガツンと言ってやる。こんなバカに振り回されるなんて、まっぴらごめんだ。

「無理です、俺にだって予定があるんで。さよなら」

渡された書類の束を突き返して、俺はそう言った。
木村は驚いたような表情をして、大きく口を開けている。

「え、ちょって待ってよ!」
「離してください!」

腕をつかまれて、思わず振り払った。
その瞬間、体が大きくバランスを崩して、視界がぼやける。

「あぶな…っ!」

木村が俺の指先を引っ張った。
よりによってこんな奴に助けられるなんて、俺ってつくづくツイてない。
こんな奴に借りなんて、絶対に作りたくないのに。

白い天井と、木村の茶色い髪の毛が目に入る。
ああ、このまま頭でも打って、こいつのことなんて忘れられたらいいのに。

頭の片隅でそんなことを思いながら、俺はそのまま意識を飛ばしてしまった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3123Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2221Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2017Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん599Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント