策士な恋人

・作

夕飯の出前で対立している要と颯。なかなか決まらない中、要が提案したのは「最後まで我慢できた方に従う」こと。しかしそういう行為を避けてきた颯は今回も引いてしまうが、その様子に傷ついた要を見て、秘密を打ち明ける決心をした。

要と僕の戦いは、7時過ぎから始まってすでに10分は経過している。

「ピザ!」

「寿司」

「炭火焼きビーフ!」

「サーモン」

「なーんーでー!!」

自炊続きだったこの頃、久しぶりに出前を頼もうと言ったのは要だった。

「せっかくだし、普段食えないのがいい」

「ピザだって食えないよ」

「一昨日グラタン食ったじゃん。ほぼピザだよ」

「うわ残念舌! ビーフストロガノフもカレーだと思ってる?」

「ビーフ…?」

「なんてことだ! 絶対ピザピザピザああぁ!」

すると要がため息を吐いた。

「…じゃあ、こうしようか」

しまった。静寂を好む男だから、少し苛立たせてしまったかもしれない。

「最後まで我慢できた方が勝ち」

「…へ?」

間抜けな声を上げた僕に、要がのしのしと寄ってくる。

そうしておもむろに手が伸びてきて――

「わぁっ!?」

要の大きな手に、自分の股間が包まれた。

「な、なに、なん、え、ちょっと」

「颯、焦り過ぎ。俺たち恋人同士でしょ」

「…っ!」

「こういうことしてもおかしくないと思うんだけど、どうかな」

恋人になってから2年が経つけれど、そういうことは、一度もしたことがない。

「…えっと、どう…うん…うぁっ、あ、待って」

「颯もやってくれないと、負けちゃうよ?」

「っ、うぅ…! もう、やだ、寿司でいいっ、ピザやめるからぁ!」

なんとか要の手から逃れて立ち上がる。足に力が入りにくくて、少しふらついた。

「わっ…!」

転んだ衝撃に備えて目を閉じると、要が抱きとめてくれた。

「…ごめん、かな――」

「ほんとごめん。もうしないから。ごめん」

「…」

「颯がこういうの嫌いだってわかってるのに。抑えられなかった」

その罪悪感を表すように、僕を抱きしめる力は痛いほど強かった。

僕は決心した。羞恥を追い出すように、要の胸に頭を押し付ける。

「…僕だって、したくないわけじゃなくて。た、たまに想像とかするし」

要の腕が緩んだ。

「なんていうか…その、小さいんだ、僕の。すごく」

恥ずかしすぎる。要の服を握りしめても収まらずに、どんどん顔が熱くなる。

「見たら要、びっくりするかもっていうか。いや、僕が恥ずかしくて、だめで」

不意に、柔らかく抱きしめ直された。

「…颯、すごい熱い」

「だって、恥ずかしい…!」

口付けられて、かくん、と足がすくんで座り込む。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3820Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2516Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1985Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1901Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1701Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1205Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音970Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん756Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン715Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音627Views

最近のコメント