お前しか届かない

・作

俳優のアオイとアイドルのカオルは、お互いの仕事に差し支えないよう、厳しいルールを守っている。そんな中カオルが提案したのは玩具を使うというイレギュラーだった。そこから滲むカオルの悩みに触れたアオイは、また一つカオルの好きなところを見つけてしまった。

それは、とある晩のこと。

「じゃじゃーん! 今日はこれを使ってみよう!」

恋人が、大人の玩具を買ってきた。

「なんで…?」

「ほら、飽きが来るとよくないかなって。ネットで見たんだ、倦怠期がどーのこーの」

「そんなの気にするなよ…」

あきれたが、しかし。

日頃から『キスマーク禁止』『2回目禁止』『乳首禁止』その他もろもろ、恋人に厳しい制約を設けている俺には、少しくらい願いを聞き入れる姿勢も必要に思われた。

「…まあ、いいけど」

「やった!」

飽きを感じているのは、もしかしたらこいつの方なのかもしれない。

いつも通り優しいキスをされて、全身を愛される。

内側がうずいてくると、丁寧におしりをほぐされて、いよいよ玩具の出番だ。

「痛かったりしたら、すぐ教えてね」

「わかった」

いつもより念入りにほぐされたせいか、汗が止まらない。

「じゃあ、いれるよ」

遠慮がちに入ってくるそれは、当たり前だけれどいつもと違う。

どうしようもない異物感に、やっぱりあいつのが欲しいと思ってしまう。

「…っ」

「大丈夫?」

「だい、じょぶ」

「よかった。動かすよ」

「ん…っ」

大丈夫。だけど、なんか変だ。温かくないし。顔もいつもより遠い。

「…? ぅ、ああぁ…ばか、やめ、ろっ」

突然、玩具が振動し始めた。

「あれっ? ごめんね、スイッチ押しちゃった」

「っ――!」

…いってしまった。

どうしたらいい。

せっかく、いつもと違うことをしようとしてくれたのに、こんなにあっけなく終わってしまうなんて、申し訳ない。

「お、お前、今日いっぱい触ってきたから、なんか…」

焦って冷たい言葉が出てしまう。

しかし、返されたのは柔らかな笑みだった。

「よかったぁ。俺いつも余裕なくなって、すぐ終わっちゃうからさ。いつもと違うの、気持ちよかった?」

「…いつも、ちゃんと気持ちいい」

「ほんと? うれしーなぁ」

どんなステージでも見られないような、とろけた顔が視界を埋める。

それがとてつもなく愛しくて、まだ中で震えている玩具を締め付けてしまった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2230Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2017Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント