理想の飼い主

・作

初めて恋人の界の家を訪ねた章。飼い犬を触らせてもらうという目的ではあるものの、ひそかにどきどきしていた。そんな中、飼い犬のワトソンに界をとられてヤキモチを焼いてると、界に見透かされてしまう。

界が犬を飼っていると知った僕は、もふもふさせてもらうべく、界の家を訪ねた。

「この子がワトソン。かわいーでしょ」

「うおあああ、かわいい、ちっちゃい…!」

界にワトソンと呼ばれた小さなチワワは、僕の匂いを嗅いで挨拶をした。

「章はやっぱり動物に好かれるね。俺より懐かれてるよ」

「ほんとに? ワトソン、僕も大好きだよー!」

ワトソンは、俺の腹に頭突きして応えてくれた。

毛並みをぐしゃぐしゃにするように撫でていると、界が抗議した。

「章、俺は?」

真っ直ぐすぎる視線に射抜かれて、硬直する。

顔が熱くなって、それを誤魔化すように頭を撫でた。

少し、乱暴になってしまったかもしれない。

もう一度、努めて冷静にしてそっと、丁寧に撫でてみる。さらさらだ。

すると、僕の膝に乗っていたワトソンが、界の元へ行ってしまった。

「あ、や、やっぱり飼い主には敵わないな!」

とっさに声を張り上げたものの、先ほどの緊張感は拭えない。

「あはは、まあ餌くれる人だしね。ふぶっ…こら、ワトソン」

ワトソンが、界の唇をなめた。

「どうしたの、ご飯食べたでしょ」

「…」

小さな舌が、界の肌をすべる。

「こーら。むぁっ…もー」

界は困ったような、それでいて嬉しそうな笑顔を浮かべている。

「ごめん、いつもはこんなことないんだけど。人間がいっぱいいて興奮してるのかな」

「そう、なんだ…」

界の膝の上を独占して甘やかしてもらっているワトソンは、すごくかわいい。

かわいいから、もやもやする。

すると界が、僕を見た。

「…章もこっち来る?」

僕を甘やかす時の、余裕たっぷりの顔だ。

界はワトソンをケージに帰すとソファに座って、こちらに手を伸ばした。

僕はおずおずと四つ足で近づくと、界は僕の顎の裏を撫でてくれた。

「やきもち焼いた?」

界は悪気なくこういう、恥ずかしくて嫌な質問をしてくる。

「かわいいね」

唇を指でなぞられたと思うと、それは口内に入ってきた。

「っ、ふぁ…かい、」

下半身がずくんとうずいて、反射的に界の指に舌を絡めてしまった。

「…もうそういう気持ち?」

「んーっ」

界がそうしたくせに。そう思って軽く指を噛む。

「俺もだよ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3123Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2221Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2017Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん599Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント