最後の夜

・作

プロのバスケットボール選手の祐希と和也。出会ってから数年、お互いに恋心を寄せつつも想いを告げることはなかった。しかし、祐希がアメリカのリーグへ挑戦することが決まり和也は意を決して、自分の想いを告げようと祐希の家を訪ねる。そして二人の、最初で最後の夜が始まる――

最後の夜だと、わかっていた。

明日、祐希はアメリカへと旅立ってしまう。

同じチームで過ごした数年、俺のそばにはずっと祐希がいた。
俺より年下なくせに、口が達者で、生意気で。

かわいい後輩かと言われれば、そうではなかったけれど。
それでも、今の俺がいるのは紛れもなく祐希のおかげで。

「…明日、何時の飛行機?」
「何時だろ…昼頃かな」
「ちゃんと確認しとけよ」

もうほとんど荷物のない、祐希の部屋。
窓の外を見ながら、そんなことを話した。

広いベッドに、二人横並びで腰掛ける。
視線を交わらせないまま、祐希が小さく呟いた。

「…あっという間でしたね、6年」

どことなく寂しそうな横顔が見えて、思わず口をつぐんだ。
なんと声をかけていいのか、わからない。

「なんか、和さんにはほんと…世話になったっていうか」
「めちゃめちゃ世話したもんな、俺」
「…そういうとこが、モテない原因っすよ」

わかってる、って言うと、明るい笑い声が響いた。
よく聞いたこの声も、もう聞くことができないかもしれない。

一気に寂しさがこみあげてきて、思わずため息をついた。
そんな俺を見て、祐希が缶チューハイを渡してくる。

「ほら、和さんの好きなやつ買っといたよ」
「…サンキュ」

試合の後、よく二人で反省会をした。
バスケットコートのある公園のベンチで。チューハイ片手に、何分も、何時間も。

「まぁでも…ホントに俺が、ここまで来れたのは…和さんがいたからだって、思ってるんで」

入ってきたときは、線の細いクソガキだな、と思った。
見た目のチャラさから、誤解されることもたくさんあっただろう。

だけど、本当の祐希は、誰よりも努力して、誰よりも考えて、誰よりも必死だった。
そんな祐希を、俺は誰よりも近くで見ていた。

そして、許されることなら、この先もずっとずっと、隣でその姿を見ていたいのだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない かなりえろい ノンケ 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め 年上受け シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 強気受け 学園 調教 エロい 幼馴染み エロすぎ注意 メガネ 鬼畜 ギャグ 監禁 三角関係 健気受け エロエロ

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ9949Views

  2. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ7594Views

  3. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6212Views

  4. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ4766Views

  5. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4234Views

  6. 沈む、青い夕日

    まさを3966Views

  7. 甘い匂いを上書きさせて

    稀木瑞3713Views

  8. 太陽と月

    みやび3522Views

  9. きれいなお兄さんは好きですか?

    京野飛鳥3266Views

  10. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび3240Views

最近のコメント

作家一覧

  • 稀木瑞 (17)
  • アンノアンズ (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (13)
  • まさを (12)
  • 妃くるみ (8)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)