先輩、今夜だけ淫らな僕を抱いてください

・作

睦(むつみ)は大学時代の先輩・和久井と偶然再会する。長年、睦が想いを寄せていた相手だ。”酔うと淫乱になる”とうそぶいて、和久井をホテルへ誘う睦。全部酒のせいにして、一晩だけの関係を求めた。こじらせた恋心を抱えたまま体を重ねるが、やがてその嘘はほころびを見せる…。

「…っンはぁっ…」

繁華街の路地裏で、僕は先輩にキスをした。

貪るように下唇を吸いながら、ねっとりと舌を絡ませる。

初めて触れる先輩の唇は、安いレモンサワーの味がした。

「んんっ…ちょっ…お前っ」

先輩は僕を引き剥がすと、少し赤らんだ顔で辺りを見回した。

「誰も見ちゃいませんよ」

「…睦、酔ってんのか?」

「さぁ…」

僕は再び先輩に体を寄せると、今度はスーツのベルトに手をかけた。

「おいっ…何してんだよ…っ」

「キスでスイッチ入っちゃいました。しゃぶらせてください」

「はぁ!?何言って…ぁあっ」

素早く手を入れ、下着の上からペニスを撫でる。

根元が熱を持ち始めていた。

「先輩、ちょっと硬くなってる」

耳元でささやくと、先輩はさらに顔を赤らめた。

「お前、今日どうしたんだよ…」

「僕ね、お酒飲むとダメなんですよ。シタくてシタくてたまんなくなる…」

先輩の耳に息を吹きかけながら答える。

僕の知らないピアスの穴を見つけ、時間の流れが憎らしく感じた。

「先輩…ホテル行きません?」

僕は上目遣いに先輩を見た。

同時に下から持ち上げるように、陰のうを揉みしだく。

「バカっ…揉むなよ…っ」

「タマの裏まで全部舐めてあげますよ…」

すると、先輩の男根がピクッと小さく跳ねた。

「ふふっ、こっちはホテルに行く気になったみたいですよ?」

「お前…っ」

僕は先輩の首に腕を回すと、もう一度深いキスをした。

…どうせ叶わぬ恋なんだ。

酔ったフリをして、一夜限りの夢を手にしよう…。

「先輩、今夜だけ淫らな僕を抱いてください」

僕らを冷やかすようにヒュウっと音を立てながら、ビルの隙間風が足元を抜けていった。

*****

和久井先輩と出会ったのは大学の陸上部だ。

僕の1つ上で、優秀な短距離選手だった。

先輩は僕の憧れて、いつもその背中を追っていた。

これが恋だと知ったのは、先輩が大学を卒業した後だった。

あれから5年。

今はお互い都心でサラリーマンをやっている。

何度か部活のOB会に呼ばれたが、僕は参加しなかった。

一方的な恋心とはいえ、どんな顔をして先輩に会えばいいかわからない。

そうやって逃げてきはずなのに、僕らは今夜再会してしまった。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 ノンケ 切ない 無理矢理 同級生 ほのぼの 年の差 年下攻め かなりえろい 年上受け エロい シリアス スーツ ツンデレ ドS ヤンデレ 学園 幼馴染み 調教 強気受け エロエロ エロすぎ注意 メガネ ギャグ 健気受け 監禁 鬼畜 三角関係

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 絶倫同棲~リモートワークは誘惑だらけ~

    アンノアンズ5459Views

  2. 今宵、天使は兄に抱かれる

    アンノアンズ4633Views

  3. 炭酸ジュースとお酒

    みやび4273Views

  4. 社内のツートップが社長室で繰り広げたピンクでブラックな秘め事

    妃くるみ4108Views

  5. その借金、カラダで返します!

    アンノアンズ3577Views

  6. 俺達の始まり

    みやび3007Views

  7. 淫らな双子と溺れる僕

    稀木瑞2971Views

  8. 背徳が愛を乞う

    みやび2674Views

  9. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ2603Views

  10. 8個下のかわいい従兄弟に愛されていました

    みやび2112Views

最近のコメント

作家一覧

  • アンノアンズ (21)
  • 京野飛鳥 (20)
  • 稀木瑞 (19)
  • みやび (18)
  • RIKUNA (16)
  • まさを (15)
  • 妃くるみ (11)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 如月よだか (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)