罪と蜜

・作

大飢饉が襲った中世のヨーロッパ。そんな時代の中でも愛想がよく、信徒にも信仰をしていない者にも評判のいい若い神父がいた。ある日を境に、神父の元に盗人が懺悔のために通うようになった。
毎日その懺悔を聞いているうち、神父は自らの内にあるほの暗い感情を抑えられなくなり、それを盗人にぶつけるようになる。

私が神学校を卒業して3年ほど経った頃、この国は大飢饉にみまわれた。
人々は食料を求め争う者もいれば、国に数ある教会に助けを求める者もいた。
私が勤めているこの教会もそうだ。
助けを求めてきた者は、みな平等に助ける。
「隣人を愛しなさい」という神の教えに従って。

窓ガラスが小刻みに震え、音を立てるほどの強い風が吹くある寒い夜、その青年は私の前に現れた。
そろそろ宿舎に戻ろうかと思っていたときに教会の扉が開き、そちらを見るとボロ布のようなマントのフードを目深に被った青年がうなだれて立っている。

「おや、どうかされましたか?」

「…懺悔がしたい」

用件を聞くと、風の音にかき消されてしまいそうなほど小さくかすれた声でそう一言つぶやいた。
悩める「隣人」を救うのが私の勤め。
彼を懺悔室に誘導すると、少し覚束ない足取りで着いてくる。

懺悔室は、相手の顔が見えない。
だからこそ、誰にも言えない内に秘めたものを告白することができるのだ。

「ここには、神と私とあなたしかいません。神のいつくしみを信頼し、あなたの罪を聞かせてください」

「…食べ物を…盗んだ。…弟がいて…弱ってるから、何か食わせないとと思って…でも、罪悪感に押しつぶされそうで…」

「盗み自体は善行とは言えません。しかし、あなたは弟さんの命を救ったのです。主(しゅ)もそれを見て、あなたを許します。祈りをささげ、清めましょう」

私はそうお決まりのセリフを伝え、懺悔を終える。
彼は小さく礼を口にして懺悔室から出ると教会を後にした。
なんとなく少し気にはなるが、一人に干渉せず私達は平等でいなければいけない。
その日は、私もこの懺悔を最後に宿舎へ戻った。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

Please rate

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 社会人 切ない ノンケ かなりえろい 無理矢理 ほのぼの 同級生 年の差 年下攻め 年上受け スーツ シリアス ツンデレ ドS エロい ヤンデレ 強気受け 学園 調教 幼馴染み エロすぎ注意 ギャグ メガネ 鬼畜 監禁 エロエロ 三角関係 健気受け

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 酸欠SEXにハマった教育実習生

    アンノアンズ8861Views

  2. 俺が『オメガ』になった理由

    稀木瑞6645Views

  3. ドM部下を社長室で鬼畜責め

    アンノアンズ6520Views

  4. 僕の優しいヤクザ様

    稀木瑞4715Views

  5. 一夜の戯れ

    RIKUNA4317Views

  6. それに名前をつけるなら、最愛。

    みやび4086Views

  7. 太陽と月

    みやび3748Views

  8. 先輩、今夜だけ淫らな僕を抱いてください

    アンノアンズ3725Views

  9. 新人男娼メス堕ち3P講習

    アンノアンズ3716Views

  10. 閃光の誘惑

    みやび3532Views

最近のコメント

作家一覧

  • アンノアンズ (18)
  • 稀木瑞 (17)
  • 京野飛鳥 (16)
  • RIKUNA (15)
  • みやび (14)
  • まさを (13)
  • 妃くるみ (9)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 桜花 (5)
  • 世界のねこから (5)
  • 如月よだか (5)
  • しらたま (4)
  • ニヤノ (4)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • nola (1)
  • ai (1)
  • 平野るな (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • monimoni (1)
  • 菜月あかり (1)