小説家は淫蜜な罠を仕掛ける

・作

ボーイズラブ小説が大好きな篠崎成海(しのざきなるみ)は、サイン会がきっかけで憧れの小説家・風野彼方(かぜのかなた)と知り合うことに。優美な雰囲気の風野に惹かれる成海。「小説の参考にしたい」とインタビューを受ける成海だったが、理想の美を追い求める風野に媚薬を飲まされてしまい…。

「『あなたがいないと、もう僕は生きられません』か…」

読んでいた文庫本をそっと閉じると、篠崎成海はうっとりとため息を吐いた。

「僕もこんな恋愛、してみたいなぁ…」

頬を赤く染めながら、表紙に描かれた二人の美青年を眺める。

成海は学生の頃から、ボーイズラブ小説を読むのが大好きだった。

特に気に入っているのが、人気ボーイズラブ作家・風野彼方の作品だ。

男たちの甘美な恋愛模様は、いつだって成海をときめかせた。

「今日はついに、風野先生に会える…。あぁ、どうしよう!」

成海は寝転がっていたベッドの上で、本をぎゅっと抱き締めた。

今日はこれから、風野彼方のサイン会に出かける予定だ。

憧れの作家との初対面に、心躍らせる成海なのだった。

*****

会場の大型書店は、いつもと違うさざめきに満ちていた。

成海は肩身の狭い思いで、女性ばかりの列に並んでいた。

「…注意事項は以上です。それでは、風野彼方先生にご登場いただきます!」

アナウンスと共に現れた風野を見て、成海は目を見開いた。

「えっ、男の人?」

風野彼方は、落ち着いた雰囲気の男性だった。

22歳の成海よりもいくつか年上に見える。

甘いマスクに柔らかそうな黒髪、細身だが案外がっしりとした体つき。

カジュアルなジャケットスタイルで、姿勢よい立ち姿が決まっている。

「素敵な人だな…」

その優美なたたずまいに、成海はすっかり魅了されてしまった。

*****

ぼんやりと風野を見つめているうちに、ついに成海の番になった。

風野は成海の姿を認めると、穏やかな笑顔を向けた。

「男の子のファンが来てくれたのは、初めてだよ」

「あっ、僕…先生がデビューしたときから、ずっと好きで…」

伝えたいことはたくさんあるのに、本人を前にすると言葉が出てこない。

「それは光栄だな。お名前は…成海君か。綺麗な名前だね」

「えっ…」

さらりと名前を褒められて、緊張が高まった成海は完全に沈黙してしまった。

その様子を見て、風野はクスクスと楽しそうに笑った。

「緊張が解けたら、本の感想を教えてほしいな」

そう言って、メモ用紙に何かを書きつけると、サインした本に挟む。

「じゃあね。来てくれてありがとう」

「あ、ありがとうございます」

成海は何とかそれだけ言うと、フラフラとした足取りで会場を後にした。

深呼吸を繰り返しながら本を開くと、サインと同時にメモが目に入る。

「あ、これって…」

そこには、風野のメッセージアプリのIDが記されていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3633Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント