初恋は女装男子 (Page 3)

チュパっ。

部屋中に音を響かせて離れていく。

乱れた呼吸と顔の熱を静めながら葵を見ると、するりとその細い指が僕の指に絡んできた。

「マーちゃん…その顔可愛い…、ねえ、続き…してみない?」

ぼんやりとした頭ではなにも考えられず、僕はコクリと頷いていた。

*****

お風呂に入ろうと促されて、僕が先にお風呂に入った後、葵が入れ違いでお風呂に向かった。

本当に幼馴染みとこんなことしていいのか?

最後の理性で、今更ながらそんなことを考える。

これまで通りの幼馴染みに戻るなら今しかない。

そう思いつつ、1人でベッドの上にいると考えてしまう。

今からこのベッドの上で葵を…。

奥から聞こえるシャワーの音に、ドキドキと胸が高鳴る。

男同士だからと諦めたはずの幼馴染み。

あのとき閉じ込めたはずの初恋が溢れ出してくる。

「誠」

その呼び方に驚いて振り返ると、そこには腰にタオルを巻き付け、髪がわずかに濡れた細身の男が立っていた。

「えっ、葵…」

ヒラヒラレースも、フワフワのスカートもない。

栗色の長いクルクルだった髪の毛は、短い黒髪になっている。

女装姿ではない、男の葵。

化粧は落としているのに、相変わらずの可愛い顔で僕を見つめる。

「誠」

なぜ男の姿に戻ったのか混乱していると、葵はゆっくりと近付き、ベッドの上に腰掛けた。

タオルの隙間から見えてしまいそうになるものは、なんだか背徳感があって、自然と目線を逸らす。

「誠…言ったよね?俺以上が現れない限り付き合わないって。それってさ、ずっと誠の中で俺が1番だったってことだよね?」

さっきの話題を掘り返し、逸らしたはずの僕の目を追ってくる大きな瞳。

「それってさ…つまり、ずっと昔から今も、俺のこと好きってことだよね?」

改めて言葉に表されると恥ずかしいし、その質問に頷いてしまっていいものか躊躇われる。

「俺は、ずっと好きだったよ、誠」

しかし、答えられずに口籠る僕に、葵は真正面から愛を告げる。

「だから、ずっと誠とこういうことしたいって思ってた」

「っ…」

スルリと熱くなった頬を撫でられ、同じシャンプーの匂いがグッと近付いてきてドキドキする。

「女の子の俺じゃなきゃ…ヤダ?」

「葵っ…」

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2231Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント