三十年後の再会~息子に凌辱された身体~

・作

 私は三十年前に恋人だった女性の葬式に参列した。そこで出会ったのは私の息子、静香だった。昔の恋人が私の子供を産んでいたなんて知らず、葬式で息子に謝る。それでも快くお父さんと呼んでくれて安心したのもつかの間、彼から要求されたのは、私の身体だった。
 

 三十年も昔に別れた恋人の葬式で出逢ったのは、私の実の子供だった。

「まさかこの歳で実の父に会えるとは思っていませんでした」

「私もだよ…」

 当時私も二十歳だった。この子…静香くんが、お腹の中にいるとも知らずに、恋人と別れてしまった。お互い若く、子供ができたなんて言い出せなかったのだろう。過ぎたことだが、この二人には悪いことをしてしまった。

「大変だっただろう? いまさら謝っても仕方がないが、悪いことをした。本当にすまない」

 葬式のあと、片手で数えるほどだった参列者はもういない。彼女と彼が住んでいた家の畳に額を付けて謝った。

「いいえ。僕ももう大人ですから。母と二人で上手くやっていきました。頭を上げてください。…お父さん」

 お父さんと呼ばれ、びっくりして頭を上げた。父と呼んで貰うのは申し訳なくて。

「…お父さんと、呼んでくれるのかい?」

 嬉しいような、でも心の中は複雑で、どんな表情をしたらいいのかわからないまま、彼の瞳を見つめた。

「僕はそう呼びたいです。いいですよね?」

「ああ…もちろん…」

 私がそう返事をすると、静香くんも床に腰を下ろし目線の高さを合わせて、微笑んだ。

「お父さんも他に家族が居ないんですよね。僕ももうお父さんしかいない。これから家族として仲良くしたいです」

「ああ、こちらこそよろしく…」

 彼はそう話す私の頬に手を添えてきた。なぜそんな風に触れられるのかわからず、言葉が続かない。固まった私を見て静香くんは、ふっと軽く息を漏らして笑った。

「お父さんて若いんですね。五十歳でしたっけ」

「君のお母さんと別れたのは二十歳だから…んっ」

 いきなり口を塞がれたので、条件反射で静香くんを突き飛ばしてしまった。すまない、と謝ったが彼が何をしたのかまだ理解できない。突き飛ばされて、床に尻をついた彼は乱れた前髪をかきあげ、冷たく私を見つめた。

「三十年生き別れた息子のお願いは聞いてくれないんですか?」

「お願い?」

 立ち上がり、困惑する私を見下げた。聞いたことには答えてくれず、今度は私が胸を押されて畳に寝転がった。その瞬間彼の体重が身体にかかる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3123Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2221Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2017Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん606Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント