浮気疑惑のある恋人を嫌いになりきれなくて

・作

恋人である遥斗(はると)が知らない女と歩いているのを見かけた雅紀。寂しさや切なさを埋めたくて、親友である誠二と肉体関係を結ぼうとした現場に、遥斗が偶然にも遭遇する。遥斗と雅紀と誠二の関係の行方は…?

「中学の時からずっと好きだった、雅紀」

そう告白してきたのは木原誠二。

彼は中学からの親友であると同時に、恋人の遥斗について相談にも乗ってもらっている。

真剣な声でされた、誠二の告白は酷く僕の心を揺るがす。

最近は遥斗といろいろあって、気持ちが隙だらけだったからに違いない。

(彼が隠れて女性と会ってたのを見た上に、約束を土壇場でキャンセルされて寂しかったし)

「何があっても、雅紀に寂しい思いはさせない」

同じ声調で言うと、誠二は僕を自身の胸板に抱き止めた。

緊張してるのか、ドクドクっと乱れた鼓動が衣服越しに僕の鼓膜を振動させた。

(そういえば、最近はこうやって遥斗に抱き締めてもらった記憶もないな…)

誠二の温もりに遥斗のそれを重ねていると、回っていただけの手が気持ちを落ち着けるように背中をゆっくりと撫でる。

しかしその動きには、男としての欲望がチラリチラリと見え隠れしていた。

(普段は素っ気ないのに、いざってときは優しい…)

「…したいようにするといい」

その言葉の直後、背中を這っていた手がピタリと一瞬止まった。

そして、腰へ、最終的にはその下の尻を触った。

「雅紀ッ…!」

熱のこもった声で名前を呼ぶと、誠二は僕の首筋に顔を押し付けてきた。

柔らかく温かな唇がチュッと音を立てながら、さらりとした髪が不規則に肌を撫でる。

「ッ、はっ…」

くすぐったくてじれったく感じたが、それらが欲情を煽るのも事実だった。

「下、触ってもいいか?」

問いに首を縦に小さく数回振ると、誠二は首筋から顔を離さないまま局部へ手を伸ばした。

「っ…!」

掌が触れた瞬間、微弱の電流を流されたような感覚に全身をピクっと震わせた。

しばらく遥斗とセックスしてなくて、自慰すらもしてなくて溜まっていたのだろうか。

触れられたそこは、すでに微かな硬さを持っていて窮屈さを感じさせた。

甘く溶けるような痺れに酔っていると、浮遊感と共に背中をソファに預ける体勢になっていた。

視界を、真剣ながらも緊張した表情を浮かべる誠二の顔がほとんどを占める。

押し倒されたんだと理解すると、唯でさえ近かった顔がさらに近付いてきた。

キス、される。

(…何だ、この感覚?)

この状況に誘い込んだのは僕、誠二を誘って好意や情欲を駆り立てたのも僕。

友達として、よき相談相手として誠二は好きだし特別な存在だ。

でも、僕は…

「誠二っ」

ゴメン、そう謝罪の言葉を紡ごうとした時だった。

「何やってんの」

低音の問いかけに、僕は反射的に声がした方に顔だけを向けた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ 同級生 エロエロ 年の差 ちょいエロ 年下攻め 胸キュン ゲイ リーマン スーツ シリアス 社会人 職業もの ドS 健気受け かなりえろい 誘い受け ツンデレ ヤンデレ 年上受け 調教 幼馴染み 学園 エロすぎ注意

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音6214Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ3959Views

  3. 捕虜の戦士は魔道師に調教される

    梅雨紫2569Views

  4. 肉体系体育教師はセラピストの強制女性化プレイに夢中!

    雷音2536Views

  5. 人見知り男、唇性感帯ヤンキーを拾う

    雷音2319Views

  6. それはお前だけじゃない

    赤茄子2104Views

  7. 我慢しないで声出して

    青山サキ1875Views

  8. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ1826Views

  9. 恋の終わりは陽だまりの匂い

    ひとえ1807Views

  10. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1788Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • 妃くるみ (21)
  • みやび (21)
  • あめ (18)
  • 雲之シタ (17)
  • 乙倫 (16)
  • RIKUNA (16)
  • つきの (13)
  • 空野さかな (9)
  • 如月よだか (9)
  • アオイ (9)
  • Kiyoka (8)
  • 塩チーズ (7)
  • よし乃 (7)
  • 雷音 (7)
  • さゆら (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • 結城愛來 (6)
  • じん (6)
  • ささくれ (6)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ひとえ (5)
  • 桜花 (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 鬼灯 (4)
  • pou (4)
  • 風間 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • 井野 (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 雪池 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • izumi (2)
  • 田中のぞみ (1)
  • 菜月あかり (1)
  • マロ (1)
  • 葉山りん (1)
  • ai (1)
  • 匿名K (1)
  • 平野るな (1)
  • nola (1)
  • 赤茄子 (1)
  • 天乃リン (1)
  • ミタカ (1)
  • 須田 (1)
  • 翠蘭 (1)
  • くらげ (1)
  • 青山サキ (1)
  • monimoni (1)
  • 青鷺文庫 (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • ゆゆんぽ (1)