俺のアンチへの”わからせ”

・作

インフルエンサーの安田伸は、掲示板で自分を誹謗中傷する人物、斎藤正人を特定した。弁護士には直接会うなと言われたのに、斎藤のアパートを尋ねる。突然の訪問に動揺する斎藤。安田が直接会いに来たのは、金でも謝罪でもなく、彼を「わからせる」ことだった…。

「今日はプール付きのホテルでディナー…っと、投稿完了!」

 俺、安田伸はインスタの投稿を完了した。一応フォロワーも万を超え、インフルエンサーだとは自負したい。非日常のホテルのディナーの写真を載せると、けっこうバズったりする。まあ、いいねを押される数も多いが、反面アンチも多いのだけれど…。

「どれどれ、ああ…早速こっちも投稿してきたか…。どうせ、おっさんに身体を売っていい思いしてんだろ、って。想像力豊かだな」

 某掲示板を見ていると、俺へのアンチスレ的なものがあって、ひたすら悪口を言っている。時間関係なく投稿しているからきっと暇人なんだろう。

 初めは気分が悪かったそれも、そろそろ終わりだ。匿名で誹謗中傷して逃げ切れるとでも思ったのだろうか。弁護士を通して開示請求を行い、一番悪口を言っていたやつの名前住所が判明した。

「住所が東京で…名前が斎藤正人…か。弁護士には直接会うなとは言われたけれど、どんな奴か見てやろう」

 さいわいにも俺の家からはそう遠くなかった。

「一度ぐらい顔を見てやりたいじゃないか」

 今日は丸1日予定もない。深く帽子をかぶって家を出た。

*****

「ここか…」

 俺のタワーマンションとは違って、ありきたりな三階建てのアパートにたどり着いた。今もリアルタイムで俺の愚痴を投稿し続けているので、ネカフェとかで投稿していなければ家にいるはずだ。

「俺の神経も図太いな」

 普通の人なら、自分のアンチには会いたくもないだろう。俺は構わず、弁護士から教えられた住所のインターホンを鳴らした。

「はい…、えっ、あっ、安田 伸?」

「こんにちはー、初めまして。俺のこと知ってるんですね。俺も有名になったなぁ」

 白々しく笑顔でそう言ってみたが、俺がここに来たことで、こいつは察しがついたのだろう。

「あの…何の用でしょうか…」

 自信のない顔で、俺と目線を合わせないくらい顔を上げてそう言った。髪は長めで整えられていないいかにもオタクという感じだが、顔の素材は悪くなさそうだ。

「俺が来た理由、わかってるでしょう。 さっきそんな顔してたじゃないですか、白々しいですよ?」

 そう言ってやれば、まずいと目線を逸らせ下を向いた。何も言わず、ドアを閉めようとするので、閉められないように足と手で固定した。

「家に入れてくれませんか? 別にかまいませんが。でもその時は正規の手段で…」

「うっ…わかりました」

「懸命な判断です。お邪魔します」

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3633Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント