スパダリはスイートルームで跪く (Page 6)

「は?縁談断った?」

「そうだ。最初から断るつもりだったんだ。それなのにお前が早とちりして…」

秋彦がネクタイを締めながら言った。

雪矢はバツが悪そうに下を向くと、床に散らばった自分の服を見た。

「じゃあ…なんで部屋出てった時、追いかけてこなかったんだよ」

「それは…」

秋彦は雪矢の服を拾い上げると、ベッドに腰掛ける雪矢の横にそっと置いた。

「雪矢との将来を、改めてちゃんと考えようと思ったんだ。一度離れて気づくこともあるだろ?まさか連絡まで取れなくなるとは思ってなかったよ…」

「そうだったんだ…俺、あんたに…ひどいことして…」

突然、秋彦が雪矢の前に跪いた。

「あんた…何してんだよ…」

「この半年間、ずっと雪矢のことばかり考えてた。離れて気づいたことは一つしかなかったよ」

秋彦が雪矢の手を取る。

「愛してる。もうお前を離さない…。ずっと俺のそばにいてくれないか?」

「なんだよ…こんなの、まるでプロポーズじゃん…」

「プロポーズじゃなきゃ、スイートルームなんて取らないさ」

「…秋彦っ」

雪矢は秋彦に抱きついた。

「返事はOKってことでイイのかな?」

雪矢は抱きついたまま、何度も首を縦にふった。

情けないくらい、涙が溢れて止まらなかった。

「さっきまでの威勢はどこへ行ったのかな?」

秋彦は笑いながら雪矢の背中をさすった。

「うるせぇ…」

雪矢は涙を手で拭うと顔を上げた。

「責任取って、あんたをもらってやるよ」

「責任?」

「コッチの開発をした責任、取った方がいいだろ?」

雪矢が秋彦の尻に手を伸ばし、割れ目を撫でた。

「ぁあんっ」

「ほらな。もう俺なしじゃ生きていけないだろ?」

「雪矢、お前…っ」

秋の顔がみるみる赤くなっていく。

雪矢はケラケラと笑いながら、伴侶となる男に唇を寄せた。

Fin.

この作品が良かったら「いいね!」しよう

2

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3762Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2522Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2062Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1895Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1568Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1136Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音965Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん712Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン681Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音620Views

最近のコメント