夜のオフィスで味わった最低で儚い快楽

・作

1人残業している黒川雄輝(くろかわゆうき)のオフィスに入ってきたのは、同じ部署で働く樋口涼夜(ひぐちりょうや)だった。雄輝にとって涼夜は思い入れの深い後輩であると同時に、特別な想いを寄せる相手でもあった。2人きりになったオフィスで雄輝は涼夜に衝撃の告白をされる。涼夜が雄輝にした告白とは…?

(せめてこれだけは終わらせないと…)

焦燥混じりに心中で呟きながら、黒川雄輝はノートパソコンの画面を見たまま指先を動かした。

(残業なんて、今日はなんてツイてないんだ…)

雄輝は再び心中で呟きながら、チラリと腕時計を見る。

それが示すのは20:00の数字。

刻々と進んでいく時間と残る業務。

「はあ、」

それらに彼は思わずため息をついた。

しかし、残業になったのは集中しなかった自分の責任。

そう自身を叱ると、彼は液晶画面とのにらめっこを再開した。

カタカタ、カチッカチッ。

ガラス張りの会議室にコンピューター機器の音だけが響く。

(あと少し)

順調に業務を片付けていると、ガチャっとドアの開く音がした。

「まだ居たんですか、黒川先輩」

疑問混じりに言いながら会議室に入ってきたのは、同じ部署の樋口涼夜。

彼の姿を捉えると、雄輝はギョッと目を見開いた。

2年遅く入社した涼夜は、雄輝の後輩で入社時は教育係も務めていた。

職場で思い入れの深い後輩。

しかし雄輝は、それとは異なる特別な感情も抱いていた。

「…君こそ、どうしてこんな遅くに」

鼓動や言動の僅かな乱れを悟られないよう、落ち着いて話題を振る。

「忘れ物を取りに来ただけッス」

(終わったっ)

幸運にも業務がノルマに到達した雄輝は、いそいそと精密機器をカバンにしまっていく。

「帰り、気を付けてください。先に失礼します」

(平常心が乱れる前に…)

しかし、そんな切望を涼夜はあっさり壊そうとする。

「どうしてオレを避けるんですか?」

「…避けるなんて、人聞きの悪い」

苦笑混じりに応えて腰を上げると、雄輝はそそくさとこの場を去ろうとする。

「だったら、」

しかしそれより先に、涼夜はドアを施錠して逃げ道を奪った。

「もう少しオレと話しませんか?」

涼夜の顔に無邪気な笑みが浮かぶ。

しかし、そんな彼の表情が雄輝は怖かった。

「…用事があるので、またにしてもらえないでしょうか?」

後退って距離を取ると、涼夜が同じだけそれを詰める。

「知ってますよ、先輩がオレを避ける理由」

「だから避けてないです」

応えたと同時にガタッと雄輝の背中が壁に着く。

その瞬間、涼夜の笑顔が不敵なものになった。

そして、先を続けた。

「オレに恋愛感情を持ってるから」

突かれた核心に、雄輝は全身の体温が低下するのを感じた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3613Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2527Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1809Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1679Views

  5. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1653Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1033Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音923Views

  8. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音774Views

  9. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん745Views

  10. ストーカーの僕

    クロワッサン730Views

最近のコメント