寂しい雨

・作

双子の兄弟の、理斗と由斗。雨が降る日の科学準備室で、理斗は由斗に「縁を切ろう」と告げられる。しかしその言葉には続きがあって──。似ているようで似ていなかった双子の、愛と恋がすれ違い、そして混じり合う物語。

 理斗の言葉は、僕には理解ができなかった。
 でも、頭のなかでは処理できなかったくせに、鼓膜を震わす音のせいで理解してしまったみたいだ。
 きっと今日の天気がまるで彼の心のなかみたいな、じっとりとしてまとわりつくような雨だから。

 科学準備室のガラス窓につく霧のような水滴が、冷や汗のように流れた。
 僕は雨があまり好きじゃない。というか、べつに何とも思っていない。濡れるのは嫌だなあっていうくらい。でも理斗は雨が好きだと言っていた。

 1つの卵子を分けた双子なのに、天気の好みも、朝食に食べるものも、宿題をちゃんとやるかも、僕たちはバラバラだった。
 ただひとつ、お互いを愛していたのは同じだった。いや、同じだと思っていた。

 でも理斗は違った。
 理斗が僕に抱いているのは、愛じゃなくて、恋だ。
 しかも僕には考えられない選択を口にした。

「由斗、俺たち、縁を切ろう。それで、卒業したら結婚しよう」

 霧雨なのに、それは洪水を起こさんばかりに吹き荒れていた。
 開いた口から声が出る隙も与えず、理斗は続けた。

「嫌なら、これを一緒に飲んで」

 コルクで蓋をした試験管のなかに閉じ込められた、青空色の液体を揺らした。
 僕は彼のことが、わからなくなってきた。

*****

「俺はずっと由斗としたかった」

 理斗は教科書を音読するみたいにそう言った。
 なにを? 結婚を? それとも、こんな乱暴な性行為を?

「~~っ、アッ、やだ、やだ、やめ……っ、ひッ」
「嫌なわけないだろう。こんなに立ち上がらせておいて。こんなに濡らしておいて」

ぐにぐにと指の腹が充血した肉に食い込む。こねて、鈴口を転がして、先っぽをピンと爪先で弾く。
 痛みを感じるはずの刺激なのに、気持ちよかった。それも、かなり。

 全身が熱くて、まるでマグマのなかに落とされたみたいで、体を動かすだけでもジンジンと響く快感に変わる。青空色の液体なのに、まるで砂漠の砂みたいに熱を広げていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3132Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2231Views

  3. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫2018Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1566Views

  5. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1428Views

  6. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1016Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音964Views

  8. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん608Views

  9. ストーカーの僕

    クロワッサン582Views

  10. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音545Views

最近のコメント