金の花、降る、ふる

・作

秋生(あきみ)は仕事の都合で海外へ行った叔父の家に住んでいた。「金木犀が咲くころに訪ねてくる男をもてなす」ことが、住む条件だった。叔父の言葉どおりに訪ねてきた男を迎え入れる秋生は、男に桂花陳酒をふるまう。酒を飲んだことがないという秋生に、男は突然口移しで酒を飲ませてきて…。

「こんばんは」

秋の空に月が輝き始めたとき、低くつややかな声が玄関から聞こえてきた。
とても遠いところから響いているような深みのある声に、僕は背筋が伸びる思いがした。

叔父から言われていた、『金木犀(きんもくせい)が咲くころに訪ねてくる』人がやってきたのだ。

僕は「はい」と答え、玄関を開けた。咲いたばかりの金木犀の香りが、ふわりと漂ってくる。
そこにはすらりとした和服姿の男性が立っていた。

*****

叔父の家は町の中心から少し離れた、静かな場所にある。
家はこぢんまりとした造りでそれほど新しくはないが清潔感があり、殺風景で小さな庭には金木犀が植えられていた。

大学3年生になり通う校舎が変わった僕は、学校に近い場所で住むところを探していた。
そんなときに、仕事の都合で海外へ行くことになった叔父から「うちでよければ住んでもらえないか」と言われたのだ。

この家に住むにあたり叔父から出された条件は、ひとつ。
金木犀が咲くころに訪ねてくる男をきちんと迎え入れて、桂花陳酒(けいかちんしゅ)をふるまうこと。

『金木犀が咲くころ』というざっくりとした言い方と、初めて耳にした『桂花陳酒』という単語に戸惑いはしたけれど、学生の身としては家賃負担がないことは魅力的だった。
だから、ふたつ返事で引き受けたのだ。

『桂花陳酒』、つまり金木犀のお酒。
叔父は庭に咲く金木犀で、毎年お酒を作っていたのだ。
金木犀でお酒を作ることも条件の中に入っていて、叔父は丁寧なレシピを残していってくれた。

「…叔父さん、お酒を飲むんだ。そういう感じに見えなかったな」

叔父が作った金木犀のお酒は1年の時を経て、琥珀色(こはくいろ)になっていた。
アルコールは全く飲めないので、このお酒を味わうことができない。
だから、訪ねてくる男がどんなふうに味わうのか知りたくて、僕は一風変わったこの条件を楽しむことにしたのだ。

*****

今年も参りました、と言ってほほ笑む男を、僕は家に招き入れた。叔父から言われたとおり、金木犀のお酒を出した。
切子細工が施された小さなグラスにお酒を注ぐ。とろりとした甘い花の香りが広がった。

「あの…、叔父じゃなくてすみません。でも、叔父から話は聞いていますので」

僕はなるたけ明るく言った。

「晴海(はるみ)から話は聞いている、と?」
「はい」

男は一瞬、お酒が注がれたグラスに視線を落とした。

「晴海はしばらく戻らないようですね」
「はい。最低でも3、4年は向こうにいると聞かされました。叔父が留守のあいだは僕が桂花陳酒を作ります。…叔父のようにうまくいくか、ちょっと心配ですけど…」

目の前でお酒を口にする男の目が笑っていた。
お酒の色を映したような、深い琥珀色の瞳を持つ切れ長の目、すっと通った鼻筋に薄い唇。和服姿と相まって、まるで歌舞伎役者のような雰囲気をまとっている。

「きみ…、名前は?」
「秋生(あきみ)です。えっと…、秋に生まれる、と書きます」
「そう。よい名です…。秋生くんはこの酒を飲んだことはありますか?」
「いいえ! お酒は飲めないんです…」

そう、と男の目がすっと細められ、お酒を口に含んだ。

「…え?」

何を、と問う間もなかった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい 無理矢理 ほのぼの 切ない ノンケ ちょいエロ エロエロ ゲイ 同級生 年の差 胸キュン 年下攻め リーマン 職業もの スーツ シリアス 社会人 ドS 健気受け 誘い受け かなりえろい 調教 ツンデレ 幼馴染み ヤンデレ ファンタジー エロすぎ注意 学園

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 酔いどれオヤジと卑劣な親子丼

    雷音5301Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ4231Views

  3. 義兄、雌犬ト化ス

    雷音3784Views

  4. 潜入捜査官~快楽絶頂媚薬漬け~

    雷音3114Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音2163Views

  6. 新入社員の恍惚ランチタイム

    つきの2088Views

  7. 死がふたりをわかつまで?!

    よし乃1810Views

  8. 甘ったれ王子は花婿を選べない!

    雷音1675Views

  9. 加虐性癖サラリーマンはご奉仕ロボットを愛でたい

    雷音1588Views

  10. 銃痕愛~先輩おまわりさんと強制アクメ~

    雷音1492Views

最近のコメント

  • まる on 雨に濡れる花何度も読み返したくなる 心情の描写もいいけど、もっといちゃついてるところを見てみたい! 大人の葛藤が心に刺さる
  • あー on 雨に濡れる花今更だよ! もう離れらんないでしょだから離しちゃ駄目だから! めっちゃ推す そんで、舌回らないのとかエロいですね♥️
  • (ಡωಡ) on 雨に濡れる花身分差系でお互いを思いやる感じもいいけど、年齢差の思いやりもいい! なんかとっても胸にくる… 愛があれば年の差なんてってのも好きだけど、こうやって悩んじゃうのも愛情ですねえ
  • たぬ on 雨に濡れる花もう…、イイですね。 歳の差がちょっぴり切なくて でも気持ちがすごく温かい。 「うちの子になる?」は 歳の差あってこそ言える殺し文句かなぁ。 ずっと幸せでいて欲しい2人。 続きの日常が読みたくなりました。
  • たぬ on 通い猫に恋をしたも〜〜! 2人してとんでもなく可愛い! このまま幸せでいて! 続きの日常も読みたいです。

作家一覧

  • 稀木瑞 (32)
  • アンノアンズ (27)
  • 京野飛鳥 (25)
  • まさを (22)
  • みやび (21)
  • 妃くるみ (21)
  • 雷音 (20)
  • あめ (18)
  • つきの (18)
  • 乙倫 (17)
  • Kiyoka (17)
  • 雲之シタ (17)
  • RIKUNA (16)
  • よし乃 (12)
  • 如月よだか (9)
  • 空野さかな (9)
  • アオイ (9)
  • 鬼灯 (7)
  • 塩チーズ (7)
  • じん (6)
  • 結城愛來 (6)
  • ささくれ (6)
  • 木崎ヨウ (6)
  • さゆら (6)
  • 梅雨紫 (6)
  • ひとえ (5)
  • 世界のねこから (5)
  • タノタ (5)
  • ミタカ (5)
  • 桜花 (5)
  • pou (5)
  • 嵐山みどり (4)
  • ニヤノ (4)
  • しらたま (4)
  • 雪池 (3)
  • 風間 (3)
  • たま蔵 (3)
  • 如月いつか (3)
  • 安辺いすな (3)
  • 井野 (3)
  • 柳りょうこ (3)
  • しゅがっぺ (2)
  • T1411225 (2)
  • 蒼草 (2)
  • 和岐 (2)
  • mika048 (2)
  • みなみ (2)
  • ぴかり (2)
  • izumi (2)
  • monimoni (1)
  • yuriko324 (1)
  • 五月女陸人 (1)
  • ai (1)
  • 葉山りん (1)
  • 本埜しんじゅ (1)
  • 赤茄子 (1)
  • マロ (1)
  • 平野るな (1)
  • 菜月あかり (1)
  • ゆゆんぽ (1)
  • 天乃リン (1)
  • 田中のぞみ (1)
  • nola (1)
  • 匿名K (1)
  • 須田 (1)
  • 青山サキ (1)
  • くらげ (1)
  • 翠蘭 (1)
  • 青鷺文庫 (1)