角砂糖は要らない

・作

仕事で失敗した完璧主義の蓮は、行きつけのカフェのマスターに愚痴をこぼした。その様子を見たマスターのサービスは、一粒のチョコレート。口にすると体が熱くなり、頭が働かないせいか、素直になれた。そうして蓮は久しぶりに人に甘えることができたのだった。

仕事で失敗した。凡ミスで金額が桁違いになった。こんなこと、初めてだ。

思えば最近は、家と会社の往復しかしていない。

久しぶりにあのカフェが――マスターが、恋しくなった。

*****

「いらっしゃいませ」

低く、穏やかな声に出迎えられる。五十代前半の、清潔感のあるマスターだ。

狭い店内には四席のカウンターと二人がけのテーブルが一つあるだけで、客は俺の他には誰もいない。俺はカウンターの隅に座った。

「お久しぶりですね。またお顔が見られて嬉しいな」

さらりと添えられた言葉が、とても嬉しい。

「…覚えていてくださったんですね」

「ええ。アイスコーヒーを飲んであれほど目を輝かせたのは、あなたくらいですから」

「ああ! あのとき、本当に感動したんですよ。それまで缶コーヒーしか飲んだことなくて」

あれから半年。今日はホットコーヒーを注文した。

シャツを軽くまくったマスターの腕は綺麗な筋が通っていて、しっかりと鍛えられていることがわかる。背筋も凛と伸びていて、短く切りそろえられた白髪は気品を携えていた。

服に隠されたところも綺麗なんだろうな。なんてことを、初めて見たあの日から思っている。

こんなに好きな場所なのに、最近はまったく意識が向かなかった。勤務先は第一志望の職場だし、やりがいも感じている。けれどそれ以上に、自分が疲弊していることも感じていた。

「お疲れのようですね」

「…!」

「話せば楽になるかもしれませんよ。幸い、うちは閑古鳥の鳴く店ですから」

冗談めかして言ったマスターの容力に、負けてみることにした。

「…最近、新しい仕事を任せてもらえたんです。けど俺、評価されてるほど大した人間じゃなくて。もう、緊張してうまく眠れないんです。今日もつまらないミスで大事になっちゃって…」

「それだけ責任感があるということですね。お若いのにしっかりしていらっしゃる」

「そんな…俺なんてほんとは…」

慰めてもらうために弱音を吐くなんてずるい気がして、口をつぐむ。

するとマスターは苦笑して、小皿にチョコレートを出してくれた。

「サービスです。リラックス効果がありますから、どうぞ」

「…すみません、いただきます」

一つ、口に含む。…と、じわり、口の中が熱くなった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3632Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2521Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1873Views

  4. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1685Views

  5. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1662Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1024Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音813Views

  8. ストーカーの僕

    クロワッサン736Views

  9. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音735Views

  10. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん728Views

最近のコメント