香水禁止令

・作

女物の香水を漂わせる元ノンケの陽太に浮気疑惑をかけた真司。それをきっかけに、今まで必死に抑えてきた不安感が暴走し、普段よりも乱暴な行為をしてしまう。それでも懸命に誤解を解こうとした陽太の言葉に、二人の仲は一層深まる。

0

バイトを終えて帰宅し、恋人に出迎えられた俺は絶句した。

「おかえり、真司」

「……陽太。ただいま」

満面の笑みを浮かべた恋人は、こちらの動揺に気付かないようだ。全く酷い話である――こんなにも強く、女の匂いをさせておきながら。

浮気だろうか。考えたくもないが、息をするたびにそんな疑惑が強くなる。

「今日はちょっと豪華な晩御飯です」

加えてこのもてなしだ。特別料理が好きなわけでもない陽太がなぜ、女の匂いのする今日に限って張り切っているのか。

俺の安直な思考回路が導き出したのは、機嫌を取ろうとしているか、意識を逸らそうとしているかの二択。やはり浮気だ。

「陽太。なにかあった?」

「えっ? えっと、なんにもないけど…」

夕食の準備に取り掛かった陽太を、後ろから抱きしめる。首元で深呼吸すると、わざとらしく甘い、不快な匂いがした。

「じゃあ、この匂いはなに?」

「…! それは……」

口ごもるのを見て、何かが崩壊した。

「えっ、真司? あ、待って、先にご飯食べようよ」

「黙って」

陽太を横抱きにして、いつもより少し乱暴にベッドに沈めた。

覆いかぶさってもう一度、首元に顔をうずめる。ああ許せない許せない、気持ち悪い。こんなに匂いが付くほど近くにいたのだろうか。そんな距離で何をしていた?

「真司、ごめん。違うんだよ、これは、あっ、待って、あっあっ」

言い訳なんて聞きたくない。足の間を膝で刺激して遮る。

「…ちゃんと硬くなってくれるんだ」

「なに言ってるの。ちゃんと聞い、て、はぁっ」

「そうだね。ただの生理現象か」

「だから、ちがっ…」

ノンケだった陽太を、半ば強引に恋人にした俺は、よくこうして不安になる。今までなんとか閉じ込めてきたけれど、この、変に甘い空気の中ではうまく制御できない。

「もしかして、やっぱり入れられるの嫌? 陽太が嫌なら俺…」

「待っ…はぁっ、も、出ちゃ、ううぅ…っ」

ズボン越しにも、温かく湿った感覚が伝わる。

「いつもより早いね。かわいい」

かわいい…けど、腑(ふ)に落ちない。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3613Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2527Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1809Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1679Views

  5. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1653Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1033Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音923Views

  8. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音774Views

  9. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん745Views

  10. ストーカーの僕

    クロワッサン730Views

最近のコメント