性教育は専門外です!

・作

会計事務所に勤める向井薫は、テニススクールで知り合った大学生・澤田涼真に勉強を教えることに。しかし、薫に想いを寄せる涼真の策略により、事態は急転。薫は涼真の性欲の餌食となってしまう。支配欲を剥き出しにしながら迫る涼真に、薫は翻弄されて――。

「薫さぁん、助けてくださぁい!」

両手を握られながら頼み込まれて、向井薫は大きな目をしばたたかせた。

金曜の夜、薫が毎週通っているテニススクールでの出来事だった。

手をしっかりと握って離さないのは、25歳の薫より4つ年下の大学生、澤田涼真だ。

強面で筋肉質な見た目に似合わず人懐っこい性格で、スクールの皆から可愛がられている。

「…仕方ないなぁ。僕で力になれるなら、手伝うよ」

「本当ですか?ありがとうございます!」

薫が苦笑しながら応じると、涼真は大型犬のような柔らかい笑顔を見せた。

*****

「大学の課題を手伝ってほしい」と頼まれた薫は、スクール終わりに涼真の部屋を訪れた。

会計学の課題だったため、会計事務所で働く薫が適任だと思われたらしい。

「なるほどー。この数値で、企業の成長性を分析するんですね」

「そうそう。ここの比率が高いから、A社は優良企業ってことだよ」

会計が苦手だと泣きついてきた割には、涼真は飲み込みが早く、課題は順調に解けていった。

「後はこれだけか。もう一人でできそうだね。僕の役目はここで終わりかな」

腕時計を見ると、8時半になろうとしていた。

薫が帰ろうと立ち上がると。

「あっ、待ってください!教えてくれたお礼に、晩飯食べてってくださいよ」

涼真が薫のワイシャツの袖を引っ張った。

「えっ、でも…」

戸惑う薫だったが、涼真は躊躇(ちゅうちょ)なく誘ってくる。

「すいません、こんな時間まで付き合わせて。お腹空いてますよね。何か作るんで、一緒に飲みませんか?」

「いやいや、悪いよ」

断ろうとすると、涼真は甘えるような視線を向けた。

「俺が薫さんと飲みたいんですよ。一人で飯食べるの、寂しいですし」

そこまで言われてしまっては、拒否するのも可哀想になる。

「じゃあ、ごちそうになろうかな」

「やったー!」

素直に喜びを表現する涼真を見て、薫も目を細めた。

*****

「薫さん、グラス空いてますよ」

ビールを注ごうとする涼真に向かってかぶりを振ると、薫は手をグラスの上にかざした。

「もういいよ。僕、お酒弱いんだ」

ハイペースで酒を消費する涼真につられて、いつもより飲んでしまった薫だった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

人気のタグ

ハッピーエンド 甘々 エロい エロエロ 無理矢理 胸キュン ゲイ ほのぼの 年の差 ちょいエロ ノンケ 切ない 同級生 リーマン 年下攻め 誘い受け 職業もの 健気受け シリアス 調教 ドS スーツ エロすぎ注意 絶倫 玩具 メスイキ 鬼畜 社会人 ダーク 幼馴染み

すべてのタグを見る

月間ランキング

  1. 先生!治療が気持ちよすぎます!

    ひとえ3618Views

  2. おにいちゃんの射精管理

    アンノアンズ2527Views

  3. 妾忍びガンギマリ輪姦~寝取られ忍者は主君の愛玩具~

    雷音1809Views

  4. 傲慢調教師~逆調教メス堕チ~

    雷音1680Views

  5. Men’s壁尻~幼馴染みと壁尻稼ぎで孕み堕ち~

    雷音1653Views

  6. 秘書の仕事は性接待

    梅雨紫1034Views

  7. 激愛吸引恥辱~ノンケ大学生とタチ役ウリ専配達員の隠れ遊戯~

    雷音923Views

  8. 雄ふたなりエルフ~奥手な若長オークにHの指南しちゃいました~

    雷音774Views

  9. わからせたい!~玩具で翻弄されて~

    ゆんのん745Views

  10. ストーカーの僕

    クロワッサン730Views

最近のコメント